BMW(E46、E85)のロアコンブッシュを自分でDIY交換する方法

BMW特有の消耗部品として有名なのがロアコンブッシュと呼ばれるゴム製のパーツです。

このパーツが劣化してくると、ブレーキを踏むと「カクッ」と振動が発生したり、ハンドリングがなんとなく悪くなってきます。

我が家のBMW(約7万キロ、E85)もブレーキを踏むとカクッと振動が発生したりするようになってきたため、ロアコンブッシュを交換することにしました。

ただ、なるべく費用を抑えるために、安いロアコンブッシュを自分で調達(左右2個セットで約5000円)し、更に工賃節約のため取り付けも自分で行いました。

ロアコンブッシュの交換作業は今回が初めてだったので、作業時間は5時間程かかってしまいましたが、慣れれば2~3時間で出来上がるといった内容だと思います。

今回は、このロアコンブッシュの入手方法や作業手順について、写真付きで詳しく解説していきます。

なお、この世代のBMW車(E46、E85など)であれば、作業内容はほとんど同じですので、車種違いでも参考になると思いますよ。

スポンサーリンク

1ページ目(全3ページ中)
スポンサーリンク