BMWのサーモスタットを自分でDIY交換する方法(E85、Z4編)

サーモスタットの具体的な交換手順

ここからは、サーモスタットの具体的な交換手順についてお話していきます。

【STEP1】ラジエター上のカバーを外す

まずはじめに、ラジエター上のカバーを外していきましょう。

このカバーは、プラスチックリベットとトルクス(T30)で固定されていますので、マイナスドライバーやトルクスレンチを使って取り外していきましょう。

すると、こんな感じでラジエター周りのパーツが見えるような状態になります。

【STEP2】電動ファンを取り外す

次は、ラジエターの裏側についている電動ファンを取り外していきます。

電動ファンはプラスチックリベット(1個)とトルクスボルト(T25、1個)の2箇所で固定されていますので、まずはそれらを取り外していきます。

次に、電動ファンの裏側についているカプラーを外します。

ここまで準備ができたら、後は電動ファン本体を上に持ち上げていけば、電動ファンを取り外すことができます。

これでようやくサーモスタット周りの作業スペースを確保することができました。

ラジエターの裏側辺りからエンジンの前方を覗き込むと、こんな感じでサーモスタットを見ることができます。

【STEP3】サーモスタットに接続されているホースやカプラーを外す

ここからは、サーモスタットに接続されているホースやカプラーを外していきます。

まず、サーモスタットに接続されているカプラーを外していきましょう。

カプラーを外すコツは、カプラーの下側にある金属製の針金みたいなものを押しながら引き抜くことですので、ご参考まで。

カプラーを外すことができたら、次はサーモスタットにつながっているホースを外していきます。

サーモスタットとホースのつなぎ目のプラスチック部分に金属製の針金のようなものがありますので、マイナスドライバー等を使ってそれを手前側に引き出します。

あとは、冷却水ホースを左側に引っ張れば簡単に取り外すことができます。

もう片方の冷却ホースも同じように外しておきましょう。

サーモスタット周りの部品が取り外され、かなりスッキリしてきましたね。

この車の場合、ここまで作業を進めることができたら、もう少しでサーモスタットを取り外すことができます。

【STEP4】サーモスタットを取り外す

次はいよいよサーモスタットの取り外しです。

サーモスタットは4本のボルトで固定されていますので、ラチェットレンチ(10mm、13mm)などを使って取り外していきましょう。

なお、M8(13mmのソケット)で固定されているボルトは、他のパーツと共締めされていますので、その共締めされているパーツを動かせるように12mmのソケットを使ってボルトを緩めておきましょう。

ここまでできたら、サーモスタットをグリグリとエンジンから引き離していけば、こんな感じで取り外すことができます。

ちなみに、新旧のサーモスタットの比較がこちら。

素人の私にはどこが悪くなっているのかあまりわかりませんでした(笑)

あとは、取り外したのと逆の手順でサーモスタットを取り付け、カプラーやホースをもとに戻していきましょう。

スポンサーリンク

2ページ目(全3ページ中)
スポンサーリンク