【カーポートDIY】予算2万5千円あれば素人でも作れる実用的なカーポート

diy%e3%81%a7%e4%bd%9c%e3%82%8b%e6%a0%bc%e5%ae%89%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88

車を家の前の駐車場にマイカーを野ざらしで駐車していて困ること、それは・・・

  • 雨の日の車に乗り降りで雨に濡れてしまう
  • 真夏は車内が半端ない暑さになっていて、車に乗った途端に汗がふき出してくる
  • 車を洗車しても、雨が降るとすぐに汚れてしまう
  • 直接日が当たっているので塗装が色あせたり、内装も日に焼けて劣化してしまう
  • 冬の朝などはフロントガラスがビッシリ凍ってしまっていて、出発できるようになるまで数分かかってしまう

などなど、毎日のように「車庫やカーポートがあればいいのになぁ・・・。」と感じているのではないでしょうか?

実際車庫やカーポートがほしいところだけれど、比較的安いカーポートでも工事費込みとなると15~20万円程度かかってしまいます。

ネットで調べてみると、市販されているカーポートを購入してきて、自分でそれを取り付けることで予算を10万円程度にまで抑えるという工夫をしている人もいます。

アルミカーポートDIY実録マニュアル!

出典)アルミカーポート実録マニュアルでカーポートDIYに挑戦しよう!|アルミカーポートDIY実録マニュアル!

ただ、我が家の場合は、10万円でもまだ予算オーバーです・・・

簡易的な日よけのようなものでいいから、なんとか5万円以下でカーポートを作ることができないものか?

そんなこんなで考え着いたのが、単管パイプとビニールシートで作るDIYカーポートです。

単管パイプビニールシートという安い材料を使い、かつ自分自身で作れるということから、シンプルなタイプのカーポートならたったの2万5千円、屋根の構造を工夫し台風などにも対応できるようにしたタイプのカーポート(改)でもたったの4万5千円、最終的には二台止められるタイプのカーポートまで、全部自分で作ることが出来ました。

単管パイプで自作した格安カーポート

今回は、そんな単管パイプとUVシートで作る格安DIYカーポートの作り方について詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

表示中の記事: 1 / 8ページ中