【カーポートDIY】予算2万5千円あれば素人でも作れる実用的なカーポート

DIYカーポートの具体的な作り方

ここからは、DIYカーポートの具体的な作り方についてお話していきます。

【STEP1】支柱を立てる所に基礎石を埋めていく

まず始めにやることは、カーポートを支える支柱を設置する場所に、基礎石を埋めていくことです。

基礎石を設置する場所は以下の三箇所。

DIYカーポートの支柱を設置する場所

その場所に穴を掘って、基礎石を半分~2/3程度埋めていきます。

DIYカーポートの基礎石を埋める

基礎石を埋めた後は、水平器をつかってざっくりと基礎石の水平をとり、基礎石の周りを埋め戻しておきます。

IMG_20150721_162820

DIYカーポートの基礎石を埋める

残りの2箇所も同じような手順で基礎石を設置しておきましょう。

【STEP2】基礎石に支柱となる単管パイプをコンクリートで固定する

次に、コンクリートを使って埋めた基礎石に単管パイプ(1m)を固定していきます。

まず、先ほど購入しておいたドライ生コンをバケツの中にいれ、水を加えて手早くスコップで混ぜていきます。

DIYカーポートの支柱を固定するために使う生コン

生コンを混ぜる

上の写真はまだ混ぜている途中で撮った写真なので水が足りていませんが、生コンの袋に書いてある通りの分量で水を入れていけば、ちょうど良い感じのコンクリートができます。

出来上がったコンクリートを基礎石のところに持って行き、1mの単管パイプを差し込んだ基礎石の内側に流し込んでいきます。

生コンを基礎石に流し込む

生コンを基礎石に流し込み終わったら支柱に水平器を取り付け、支柱が垂直に立つように調整しておきましょう。

水平器で支柱が垂直に立っているか確認する

プロであれば2~3mの支柱をこのまま保持して固めることができるでしょうが、私のような素人はこれぐらいの短い単管パイプをあらかじめ立てておき、後から長い単管パイプを継ぎ足すようにするほうが、作業が容易になりますので、今回はこのような分割して支柱を立てる方法をとりました。

コンクリートが固まるまで丸一日放置

残りの2箇所も同じようにコンクリートを流し込み、コンクリートが完全に固まるまで丸一日ほど放置しておきます。

続いては、DIYカーポートの作り方3~4についてお話していきます。

スポンサーリンク

表示中の記事: 3 / 8ページ中

スポンサーリンク

関連コンテンツ