【DIY自転車小屋】邪魔な子供のストライダーも吊下式でスッキリ格納

邪魔な子供のストライダーや自転車、手押し車などを吊り下げて格納できるDIY自転車小屋の紹介。材料はホームセンターで手に入る単管パイプとポリカ波板などだけなので、初心者でも簡単に作ることができます。

赤ちゃんだった子供達が保育園に通い始めるぐらいに大きくなってくると、ストライダーや幼児用の自転車などを乗り始めると思います。

そうなってくると困るのが、子供のストライダーや自転車の置き場所ではないでしょうか?

普通に屋根なしで外に放置してしまうと、すぐに錆びて悪くなってしまいますし、かといって玄関の脇や物置において置くと意外なほど場所をとって邪魔になります。

「どうにかこの小さいのに意外に場所をとって邪魔な子供のストライダーや自転車を、スマートに収納できる方法はないか?」

「単管パイプを骨組みに使えば、フックを使ってストライダーや自転車を吊り下げられるような自転車小屋が作れるのでは?」

いろいろ考えた結果、単管パイプとポリカ波板などを組合せて、子供の自転車やストライダーなどを吊り下げて保管できる自転車小屋を作りました。

こんな感じで邪魔な物を吊り下げ格納できるため、大人の自転車の出し入れのためのスペースを広く確保することができます。

今回は、単管パイプと波板を使って子供達のストライダーなどを吊り下げて収納できる自転車小屋の作り方について、写真付きで詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

1ページ目(全2ページ中)
スポンサーリンク