【ECUリセット】エンジン警告灯を消す方法(ノア、O2センサー編)

ECUリセットとエンジン警告灯を消す具体的な方法。警告灯の点灯原因を調べるOBDテスター(PCタイプ)は数千円で購入可能。素人がOBDテスターを購入し、故障箇所を特定、修理、ECUリセットした時の記録。

ノアやヴォクシーは走行距離が伸びてくると、エンジン警告灯が点灯するケースが目立ちます。

我が家のノアも走行距離が17万キロのところで、エンジン警告灯が点いたり消えたりし始めました。

【ノア・ヴォクシー】O2センサーを交換してエンジン警告灯を消す方法

びっくりしてノアの取扱説明書のエンジン警告灯のところを読んでみると・・・

ノアのエンジン警告灯の説明書

出典)NOAH取扱説明書|TOYOTA

と言う感じで、こういう場合、普通はトヨタのディーラーに行って点検&修理してもらわなければならないようですね。

どうしてエンジン警告灯が点いたのかWEBなどを使って自分なりに原因を調べていくと、どうも過走行のノアでエンジン警告灯が点くパターンで多いのが「O2センサー」と呼ばれる部品の故障でした。

このO2センサーの故障をディーラーで修理してもらうと工賃込みで4万円ほどになる模様・・・。

ちょっとそれは高いので、なんとか自分でこのエンジン警告灯の原因が本当にO2センサーの故障で、もしそうならそれを交換することができないか検討してみことに・・・。

すると、このO2センサーは素人でも簡単に交換することができるようで、その場合の費用は1万円以下となり、ディーラーに修理をお願いするよりも3万円ほどの節約となります。

これだけ修理代金を節約できるなら、自分でやってみるしかないですよね。

そんなエンジン警告灯をDIYでリセットするためのポイントはこの3つ。

  • エンジン警告灯を点灯させた原因を特定(思い切って診断機を購入)
  • 故障箇所の修理(O2センターの交換)
  • ECU(エンジンコンピューター)を診断機でリセット

ということで、今回はノアやヴォクシーのO2センサーを自分で交換し、エンジン警告灯をリセットするための具体的な方法について、ステップごとに写真付きで詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

1ページ目(全3ページ中)
スポンサーリンク