Gmailの受信トレイで表示される相手アドレスを差出人の名前に変更する方法

メールの「差出人の表示」は差出人が決めるというGmailの仕組み

まずはじめに理解しておきたいメールに関するルールについてお話します。

このルールを知れば、Gmailの差出人の名前がなぜアドレスになってしまうのか良くわかるので、理解するようにしてくださいね。

そのルールとは、メールの差出人のところに表示される名前やアドレスは、メールを送った差出人が決めるということ。

「えっ、なにそれ!?」って感じるかもしれませんが、メールの世界にはこのようなルールがあります。

これは、手紙やはがきを思い浮かべてみてもらうとわかると思います。

手紙の差出人

手紙を送るときに差出人のところに書く「住所」にあたるのが「アドレス(×××@gmail.com)」であり、そこに書く「名前」が「差出人」ということになります。

Gmailの差出人のところがアドレスになって届いているメールがある場合、そのメールを送った人がメールソフトで差出人の設定(自分の名前の入力)をしていないか、差出人名をアドレスにしている可能性があります。

差出人がどのような名前でメール(手紙)を送りたいかを決めるわけなので、基本的にはその差出人の名前をこちら側で変更する事は出来ません。

これがメール(手紙)の世界の大切なルールです。

ただ、それでは不便だということで、ドコモやauなどのキャリアメール(×××@docomo.ne.jpなど)では、メールソフトの電話帳にあらかじめ名前とメールアドレスを登録しておけば、メールソフトが自動的にアドレスを登録されている名前に変換して表示する仕組みを導入しました。

この仕組みが日本では大ヒットしたため、差出人名を登録しない、または本文に自分の名前を記載せずにメールを送っても、相手側の携帯電話に自分の名前とアドレスが登録されていれば、誰からメールが送られてきたか分かるため、メールの送信者が差出人をあらかじめ登録するというルールが薄れてしまってきました。

なので、いざGmailを使おうとすると少し混乱する事になりますが、ちゃんと解決方法を説明しますから大丈夫ですよ。

Gmailとセットになっている「連絡先」機能に名前を登録

続いては、Gmailに送られてきたアドレス表示の差出人が誰から送られてきたかを判別する方法についてお話します。

基本的にはキャリアメールの場合と同様に、Gmailの「連絡先」という機能を使って、名前とアドレスを登録していきます。

すると、差出人のところの表示は変更されないものの、そのアドレスにカーソルを持っていく(スマホの場合はアドレスにタッチする)と、下図のように連絡先に登録されている名前が表示されるようになります。

Gmailの受信トレイのアドレスを名前表示にする方法

こうしておけば、受信トレイのメールの差出人の表示はアドレスのままですが、アドレスのところにカーソルを持っていくだけで、そのアドレスが誰の物なのか分かるようになります。

続いては、Gmailの連絡先にアドレスと名前を登録する具体的な方法についてお話していきます。

スポンサーリンク

表示中の記事: 2 / 4ページ中

スポンサーリンク

関連コンテンツ