ガスが残っている使い捨てライターの正しい捨て方

使い捨てライターはガスを抜いてから捨てなければなりません。残っているガスは、輪ゴムや粘着力の強いテープで操作レバーを押し下げたまま固定すれば、簡単に抜くことが出来ます。使い捨てライターの正しい捨て方を写真付きで詳しく紹介。

使い捨てライターはどうやって捨てればいいの?

そう思って、市のゴミ回収のパンフレットを見てみると、「ガスを抜いてから不燃ごみとして捨ててください。」とのこと・・・。

でも、このライターの中にたっぷりガスが溜まっているのにライターを分解することはできません。

では一体どうやってガスをどうやって抜けばいいのでしょうか?

実は、使い捨てライターの場合、ペンチなどで分解してガスを抜く方法以外にも、輪ゴムやセロテープ、爪楊枝などを使ったり、ラッカー薄め液などを使う方法があります。

出典)スプレー缶・カセット式ガスボンベ・ライターの出し方にご注意ください!|つくばみらい市

今回はそんなガスが残っている使い捨ての100円ライターの正しい捨て方(セロハンテープでガス抜き、ペンチでライターの芯抜き)について、写真付きで詳しくお話ししていきます。

※必ず火の気のない安全な場所で行ってくださいね。

スポンサーリンク

1ページ目(全2ページ中)
スポンサーリンク