【格安】HIFLYタイヤ(HF805)の性能と耐久性を追跡調査

日本ではあまり知られていなHIFLY(ハイフライ、中国)のタイヤ。アメリカや欧州などの基準規定に合格し世界各国で販売。HF805はシリカ配合による高い静粛性が特徴。実際にタイヤを装着し、その性能や耐久性を調査した結果を紹介。

日本製タイヤの半額以下の価格で購入できるHIFLY(ハイフライ、中国)のタイヤ・・・。

タイヤ代節約のため激安アジアンタイヤであるハイフライタイヤ(HF805)を購入してみました。

日本製のタイヤから安いアジアンタイヤに変える際、勝手に「安かろう、悪かろう」と思っていたのですが、実際のところ、普段使いならアジアンタイヤもそこまで悪いものではないのではないかという印象です。

というのも、タイヤのグリップ力(ウェットも含む)やタイヤの耐久性(溝の減り方、ゴム硬度の変化)は国産のエコタイヤとほぼ同レベル。

ロードノイズの大きさなどは、国産エコタイヤよりも静かです。

あえて国産タイヤと異なる点をあげるとしたら、タイヤの規格がXL(エクストラロード)というもので、空気圧を若干高めに設定する必要があるということ。

HF805はコンフォートタイヤですが、サーキット走行中は決して高いレベルとは言えないものの、素直なイメージのグリップを発揮していました。

タイヤ表面もいい具合に溶けて減っていき、ブロック飛びなどのタイヤ破損はありませんでした。

今回は、みなさんが気になっているハイフライタイヤの実際の性能や耐久性について、残り溝の測定やゴムの硬度測定、タイヤ表面のヒビ割れの状態という視点も含めて、詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

1ページ目(全2ページ中)
スポンサーリンク