軽規格のボートトレーラーを中古で安く購入する方法

%e8%bb%bd%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%bc%e8%bb%8a%e6%a4%9c%e5%bd%93%e6%97%a5

ジェットスキー(水上バイク)や動力付きの小型ボートなどを車で運ぶ際に必要になるのが、ボートトレーラーです。

その中でも、軽規格のボートトレーラーは普通免許だけ(牽引免許が不要)で、誰でも簡単に牽引することができます。

これはいいと思ったのですが、新品で購入するとボートトレーラー本体が約20~30万円、そして車側に取り付けるヒッチメンバーが約7~8万円、工賃など含めると総額40万円程にもなってしまいます・・・

趣味のためにそんな大金を使える余裕は無いので一旦はあきらめようと思ったのですが、どうしてもこの軽規格のボートトレーラーがほしくてたまりませんでした。

そこで、なるべく安くそれらを手に入れるために、1~2ヶ月程かけて、ヤフオクで中古の軽トレーラー(落札価格5万円、ボートトレーラーの金具有り、書類有りの車検切れ)と、中古のヒッチメンバー(4万5千円)をそれぞれ格安で落札することに成功。

%e3%83%a4%e3%83%95%e3%82%aa%e3%82%af%e3%81%a7%e8%b3%bc%e5%85%a5%e3%81%97%e3%81%9f%e4%b8%ad%e5%8f%a4%e3%81%ae%e8%bb%bd%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%b4%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc

その後、ヒッチメンバーの取り付けから、トレーラーの引き取り、名義変更、ユーザー車検まで業者に頼まず自分でやり遂げ、総額10万円程度で念願の軽規格のボートトレーラーを牽引できるようになりました。

ただ、今回は予算節約のために普通ならお金を払って業者に頼むような登録関係まで、自分でなんとかやってみたのですが、そこには様々なノウハウが必要だったのも事実です。

そこで今回は、ヤフオクで購入したヒッチメンバーの取り付け方法から、軽規格のボートトレーラーの引き取り、登録関係の具体的な方法について、ステップ毎に詳しく紹介していきますので、軽トレーラーを安く手に入れたい方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

表示中の記事: 1 / 10ページ中