軽規格のボートトレーラーを中古で安く購入する方法

軽トレーラーを中古で購入する際のポイント

まず始めに、軽トレーラーを中古で購入する際のポイントについてお話していきます。

【ポイントその1】必ず書類付きの商品を選ぼう!

安く軽規格のボートトレーラー(軽トレーラー)を購入しようと思った場合、ヤフオクなどで出品されている中古品を探すことが多いと思います。

ここで注意しなければならないことは、そこで出品されているものの中には、軽トレーラーの登録関係の書類が有るものと無いものが混在しているということです。

軽トレーラーの購入を検討している人の大半は、軽トレーラーを引っ張って公道を走ろうと考えていることと思いますので、その場合、軽トレーラーの車検を通す際に書類が必要になってきます。

逆に、書類が無しでも良い場合というのは、公道以外の場所、例えば私有地などで木や農作物を運んだりするためにカーゴトレーラーを使用する場合、ナンバーを取得したり、車検に通したりする必要がありませんので、書類は不必要となります。

ヤフオク等を見ていると、激安で出品されている軽トレーラーの多くは「書類無し」のものが多いので、ただ単に安いからと言ってそのような書類無しのものを落札してしまうと、後々自分ではナンバーの取得が出来なかったり、プロに頼んで書類を作成(約10万円)してもらわなければならなくなってしまったりします。

ですので、軽トレーラーを中古で購入する場合は、「書類付き」のものを選ぶようにしておきましょう。

【ポイントその2】落札した軽トレーラーをどうやって引き取るか検討しておこう!

次に検討しておきたいことは、どうやって落札した軽トレーラーを引き取るかということです。

普通、ヤフオクなどで落札した商品は宅急便で送られてきますが、軽トレーラーの場合、そう簡単にはいきません。

一番楽な方法は、出品者側で車検を通してもらい(費用は落札者負担が一般的)、トレーラーは業者に運搬を依頼して自宅まで運んでもらい(手配や費用負担は落札者が一般的)、書類の名義変更だけ自分で行う(陸運局にトレーラーを引っ張っていく必要なし、書類だけ持って行って変更可能)というパターンです。

ですが、この方法は事前に落札者に車検を通しておいてもらえるか確認を取る必要があったり、なにより業者に依頼するために数万円のお金が追加で必要になってしまうというデメリットがあります。

私の場合、とにかく安くトレーラーを購入したかったので、極力業者に依頼することは避け、以下のような流れに沿ってトレーラーの引取りから登録手続きまで自分の力でやっていくことにしました。

  1. ヤフオクで軽トレーラーを落札する
  2. 書類を送ってもらい陸運局で名義変更&自賠責保険への加入を行う
  3. ヒッチメンバーを自分の車に取り付ける
  4. 市役所で仮ナンバーを取得する(ナンバー無しのトレーラーを牽引するのは違法)
  5. 自分の車で落札したトレーラーを引き取りに行く
  6. 後日、再び陸運局に行き、ユーザー車検で車検に通す

私が落札した軽トレーラーは車検切れの状態(書類やナンバー有り、自動車税納付済)だったので、2のところで名義変更が必要(名義変更を確実に行ってほしいという出品者の希望)でしたが、落札したトレーラーが廃車の場合、新規登録とユーザー車検を同時に行っていく流れになると思います。

この流れであれば、必要最低限の費用負担で軽トレーラーを手に入れることが出来ると思いますので、参考にしてみてください。

次のページでは、軽トレーラーを落札した後の名義変更手続きの具体的な手順についてお話していきます。

スポンサーリンク

表示中の記事: 2 / 10ページ中

スポンサーリンク

関連コンテンツ