軽規格のボートトレーラーを中古で安く購入する方法

ヒッチメンバーの取り付け方法

中古で購入したヒッチメンバー

ここからは、ヤフオク中古で購入したヒッチメンバーの具体的な取り付け方法についてお話していきます。

【STEP1】ヒッチメンバーをボルトとナットで車体に固定する

ボルトオンタイプのヒッチメンバーの取り付け方はとても簡単で、ヒッチメンバーのパーツをボルトやナットを使って車体側に取り付けていくだけです。

ただ、ヒッチメンバーは結構重たいので、車の下にもぐりこんでヒッチメンバーを支えながらボルトを締付けていくということはできません。

ほとんどのヒッチメンバーは本体を3分割程度に分解することができるようになっていますので、まずは以下の写真のようにパーツを分割して車体側に取り付けていきました。

分解したヒッチメンバーのパーツ

エルグランドの場合は、以下のような補強パーツを取り外し、そこにあったボルトの穴などを利用してヒッチメンバーのパーツを取り付けていきます。

ヒッチメンバーを取り付けるために純正板金を取り外す

補強パーツを取り外した後

ヒッチメンバーのパーツを取り付けた状態

ちなみに、この中古のヒッチメンバーには写真左側のボルト穴(3箇所)に取り付けるためのボルトが含まれていませんでしたので、この写真を撮影した段階では左側のボルト取り付け穴にはボルトが装着されていませんが、後からホームセンターで購入したボルトを取り付けました。

ここまで出来たら、次は反対側のパーツも取り付けていきます。

先ほどと同じように、元々装着されていた牽引フックを引っ掛けるパーツを取り外し、ヒッチメンバーのパーツを取り付けました。

エルグランド牽引フックを引っ掛けるパーツを取り外す

エルグランドに取り付けるヒッチメンバーのパーツ

後は、ヒッチメンバーの本体部分を先ほど取り付けたパーツに固定していけば、ヒッチメンバー本体の固定は完了です。

ヒッチメンバーのパーツを左右に取り付けた

中古でヒッチメンバーを自分で取り付ける方法

次のページでは、ヒッチメンバーの7極カプラーの配線処理についてお話していきます。

スポンサーリンク

表示中の記事: 6 / 10ページ中

スポンサーリンク

関連コンテンツ