自分で社外品のクルーズコントロールを後付けする方法

我が家のミニバン(ノア、10年落ち)には、速度を一定に保つクルーズコントロール(クルコン)機能が付いていません。

なので、片道200kmを越えるような高速道路を使って遠出をする時に、ずっと足でアクセルを踏み続けなければならず、疲れてしまうので困っていました。

というのも、最近、クルーズコントロール機能が付いた車を運転させてもらった時、長距離の運転だったにも関わらず、クルーズコントロール機能でアクセルから足を離すことができるだけでだいぶ楽になるんだということを実感したからです。

いろいろ調査してみると、約2万円で社外品のクルーズコントローラーがあることが分かり、工賃を節約するため自分でそれを取り付けることにしました。

社外品のクルーズコントロールを自分で後付けする方法

作業時間は2時間ほどで、1箇所だけ半田ごてを使った配線処理が必要だったものの、DIYが好きな人なら簡単に取り付けができると思います。

そこで今回は、社外品のクルーズコントローラー(PIVOT 3-drive AC)を後付けしたい人向けに、その取付方法を詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

表示中の記事: 1 / 5ページ中