プラグ清掃でアイドリング不調を改善する方法

過走行車の場合、アイドリングが不安定になったり、エンジンの振動が大きくなったりします。プラグのくすぶりを清掃にすることにより、それらの症状を緩和可能。キャブクリな~を使って自分でプラグ清掃をする方法を紹介。

走行距離が10万キロを超えてくると、エンジンのアイドリングが悪くなってきます。

そのタイミングで車屋さんから勧められるプラグ交換。

アイドリングも悪くなってきてるし、そろそろプラグを交換したほうがいいのかなぁ。

と思ったのですが、プラグメーカーのNGKのホームページなどでプラグのことを勉強していくと、プラグを交換しなければならないのはプラグが磨り減ってきた時だけで、それ以外の場合は清掃すればOKということが分かってきました。

長期使用による不具合の例

  • 電極が消耗して火花が飛びにくくなる
  • 発火部に燃えたカスがたまり、異常燃焼(プレイグニッション)を招き、電極溶解などのトラブルを起こすことがある

実際にプラグ清掃してみた結果、アイドリングも完治とはいきませんが、今までよりも回転数の不安定さはなくなり、若干のエンジンの振動も少なくなりました。

今回は、このエンジンコンディショナーを使ってプラグ掃除する具体的な方法についてお話します。

スポンサーリンク

1ページ目(全2ページ中)
スポンサーリンク