【予算5000円】二段に流れるおしゃれで楽しいDIY庭池の作り方

二段に水が流れ落ちるおしゃれで楽しいDIY庭池の作り方。上段はメダカや金魚、下段はカメやサワガニのように、多彩なバリエーションを楽しめる。子どもが捕まえてきた生き物などを飼育するのにぴったりです。

我が家の子供達はよく金魚やメダカをもらってきたり、近くの川でサワガニやザリガニなどを捕まえてきます。

その度に、小さな水槽や虫かごを買い足してきたのですが、その生き物達の世話(水換えなど)が大変になってきました。

「庭に池を作って、そこにごちゃっとそれらの生き物を入れておくことは出来ないだろうか?」

ただ、庭に大きな穴を掘って、本格的な池を作ってしまうと、赤ちゃんがそこに落ちるのが心配だし、そもそもそんな大掛かりな池を作ること自体が大変・・・。

どうにか安く、簡単に作れる庭池のアイデアがないかいろいろと考えていると、タライのようなものを使って、それを2段に積み上げ、上は魚類、下はカニ類というイメージを思いつきました。

これなら生き物の住み分けることが出来ますし、庭に穴を掘らずともちょっとした庭池を安く作ることが出来ます。

そこで今回は、予算5000円で穴を掘ることなく、水辺の生き物達が共存できる池を庭に作る方法についてお話していきます。

スポンサーリンク

1ページ目(全3ページ中)
スポンサーリンク