【送料を大幅節約】大型の液晶テレビを格安で梱包発送する方法

【STEP4】液晶テレビ上部をダンボールで梱包

続いては、テレビの上部をダンボールで梱包していきます。

まずは、先ほど作ったダンボールの板の半分ぐらいの大きさのものを用意しましょう。

先ほどの半分ぐらいの大きさのダンボール

それをテレビの上方に配置して、折り曲げ、ガムテープで固定していきます。

液晶テレビの上部をダンボールで梱包

液晶テレビの上部をダンボールで梱包固定

【STEP5】液晶テレビの台座部を梱包

さあ、続いては液晶テレビの台座部です。

先ほどと同じようにダンボールで大きめの板を作り、そこに余っていたプラダンをガムテープで貼り付けます。

ダンボールの板にプラダンを貼り付ける

その上に適当な大きさの緩衝材を載せ、その上に液晶テレビを載せていきましょう。

ダンボールの上に緩衝材を載せる

IMG_20150223_103054

そして、緩衝材を液晶テレビの台座の足にまきつけていきます。

緩衝材を液晶テレビの足に巻きつけます

後は、一番下のダンボールを折り曲げながら、ガムテープを使ってしっかりと固定していきましょう。

ダンボールを使って台座を梱包

液晶テレビの台座をダンボールで梱包

最後に、ぽっかりと空いている穴をガムテープを使って塞げば、台座の梱包が完成です。

台座の梱包をガムテープで

【STEP6】付属品の梱包

ヤマト便の場合、2つ口で送っても送料が同じになるケースが多いので、付属品は別の箱や袋を使って梱包します。

IMG_20150223_105526

無理やりテレビの梱包の中に詰め込んでもいいのですが、それによってテレビが壊れたり、リモコンが壊れたりする可能性も考えられるので、テレビと付属品は別々にしておいたほうがベターでしょう。

大型の液晶テレビを格安で梱包発送する方法

お疲れ様でした。

これで液晶テレビと付属品の梱包は完了なのですが、このままの状態だと配達員の人がぱっと見で液晶画面がどちら側にあるのかとか、液晶テレビの足がどこについているのかなどわからないため、安全に運んでもらえるようにさらなる工夫をする必要があります。

大型液晶テレビを安全に運んでもらうための2つの工夫

これまでの作業でほとんど梱包は完了しましたが、あと2つ、液晶テレビを安全に運んでもらうために工夫をしておきましょう。

【1つ目の工夫】液晶画面側を明記する

運搬中に液晶テレビが壊れるケースで一番多いのは、液晶画面が割れるということ。

人の手で運んでいる時はもちろんですが、トラックの荷台で他の荷物が液晶画面に当たるといったこともなるべく避けてもらいたいものです。

そのため、このように液晶画面側を明記し、そちら側には衝撃が加わらないように運送者に伝わるようにしておきましょう。

液晶パネル側を梱包に明記

【2つ目の工夫】液晶テレビの台座の足部を明記

液晶テレビを梱包してしまうと、台座の足がどのあたりにあるのか分からなくなります。

運搬中に液晶テレビを一旦地面につけ、休憩する場合、台座の脚がどこにあるのかを明記しておけば、運搬者はそこから地面につけておくことが出来ます。

そのような理由から、台座の足がどこにあるのかもマジックなどで明記しておくとよいでしょう。

液晶テレビの台座の位置

最後に一言

今回は、【送料節約】大型の液晶テレビを格安で梱包発送する方法についてお話しました。

これが今回の方法で実際にテレビを配送した時の領収書です。

大型液晶テレビの発送料金

私は梱包に関してはプロではありませんので、これがベストな方法ではないかも知れませんが、この梱包で運送会社に持ち込んだところ、受付の人が「お~、すごいですね。これなら大丈夫でしょう!!」と言ってくれました。

ある程度この記事を参考にしながら、後はあなたが少し改良を加えて梱包すればよいのではないかと思っていますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

3ページ目(全3ページ中)
スポンサーリンク