【窓の結露に効果的】シンプルなDIY内窓(二重窓)の作り方

窓の結露は冬場の内と外の気温差によって発生します。効果的な結露対策は内窓や二重窓を取り付けること。実際の暖房費も安くなった安くてシンプルなDIY内窓の作り方を紹介。

冬に家の中が冷え込んだり、窓がびっしょりと結露したりする理由は、窓(ガラス面+サッシ部)から外に熱がどんどん逃げてしまうから。

その放熱量は家全体の約48%にもなるそうです。

暖房時に開口部から逃げていく熱の量

出典)エコ住宅の道しるべ

家の中の冷え込みと窓の結露を防止するためには、窓の断熱性能を高めるために内窓をつけるのが効果的。

でも、業者に頼んで家中の窓にちゃんとしたガラスの内窓を設置してもらおうとすると、数十万円の出費になってしまいます。

色々と検討した結果、ホームセンターで安く手に入るポリカーボネート製のプラダンを使って、内窓を自作しました。

結果、今まで苦労していた結露はなくなり、二重窓を取り付けた場所は冷え込みが和らぎました。

さらに、この自作二重窓の有り・無しでエアコンの電気代がどれ位かわるかという比較実験をやってみると、外が冷え込む明け方から昼間にかけて、エアコンの消費電力が約30%程抑えられていることもわかりました。

DIY内窓の有無におけるエアコンの消費電力の違い

今回は、自分で簡単に、しかも格安で作れるシンプルなDIY内窓の作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

1ページ目(全4ページ中)

スポンサーリンク

スポンサーリンク