【プレクサス最強】水なしで洗車できる神レベルの洗浄&ツヤ出し効果を徹底検証

プレクサスで車の内装を掃除

プレクサスは、車のボディだけではなく、内装に使われている樹脂パーツやゴム部にも使うことができます。

例えば、土や泥などで汚れてしまうドア周りも、プレクサスを吹きかけてサッと一拭きすると、汚れが落ちるだけではなく、黒い樹脂パーツの経年劣化による白ボケも解消されます。

掃除前

%e6%8e%83%e9%99%a4%e5%89%8d%e3%81%ae%e3%83%89%e3%82%a2%e5%91%a8%e3%82%8a

掃除後

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9%e3%81%a7%e6%8e%83%e9%99%a4%e5%be%8c%e3%81%ae%e3%83%89%e3%82%a2%e5%91%a8%e3%82%8a

プレクサスは、アーマーオールのようにギラギラしたようなツヤではなく、なんというかサラッとしたようなツヤが特徴です。

一度乾燥すると触っても手に付いたりしませんので、車の内装にもどんどん使っていくことができます。

車の内装でプレクサスが一番効果を発揮するのは、ナビなどの液晶画面やメーター周りです。

私の車は10年以上前の車なので、ナビやメーターなどにはたくさんの擦り傷が付いていました。

ですが、このプレクサスを使うようになってから、その擦り傷がなくなり、こんなにも透明感溢れる姿に変わりました。

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9%e3%81%a7%e3%83%8a%e3%83%93%e3%81%ae%e6%b6%b2%e6%99%b6%e7%94%bb%e9%9d%a2%e3%81%8c%e3%83%94%e3%82%ab%e3%83%94%e3%82%ab%e3%81%ab

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%88%e3%81%b0%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%8c%e9%80%8f%e6%98%8e%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b

本当はプレクサスを吹き付ける前の写真もあったら比較ができてよかったのですが、この部分は以前一度プレクサスを吹き付けてしまった後だったので、以前のような擦り傷がある状態の写真は撮ることができませんでした・・・。

逆に言うと、一度プレクサスを使うと、以前のようなキズだらけの状態には戻りにくい(乾拭きするだけでツヤが戻るような感じになる)ということがよく分かります。

とここまではプレクサスのメリットについてお話してきましたが、次のページからは、あまり語られることはないプレクサスのデメリットについてお話していきます。

スポンサーリンク

3ページ目(全4ページ中)

スポンサーリンク

スポンサーリンク