【ノア・ヴォクシー】プラグ&イグニッションコイルを自分で交換する方法

走行距離が17万キロを迎えつつある我が家のノア・・・。

最近、アイドリング不良になってきたので、トヨタの直噴エンジンメンテナンスの定番となっているスロットルバルブの清掃を行うことで、アイドリング中の不定期な回転数の落ち込みはなくなりました。

ですが、アクセルを踏み込んだ瞬間、素直にグワ~っと回転数が上がるのではなく、アクセルを踏んだ瞬間に一瞬だけ回転数が落ち、それからグワ~っと加速するという息継ぎのような症状はまだ残ってしまっていました。

この時点でもう一つ気がかりになっていたのが、新車時から無交換だったプラグとイグニッションコイルです。

特にイグニッションコイルが寿命を迎えてくると、アイドリング不良や加速時、走行時などに息継ぎのように回転数が落ち込む症状が出てくるようです。

現在 HONDA モビリオスパイク(H19、10万キロ)の乗っているのですが、アイドリングが不安定、加速時、通常走行時に息つきという症状が出た為 Dラーで点検をしてもらったところ <イグニッションコイル>4本中1本が、壊れている(漏電?)と言われましたので交換しました。

出典)イグニッションコイルの寿命|教えてgoo!

最終的に寿命を迎えるとその気筒が点火不良になりますのでエンジンの振動が増え、また、ガソリンが燃えないまま排気されるので排気ガスの匂いがきつくなります。

出典)ダイレクトイグニッションコイルの寿命はどのく・・・|Yahoo知恵袋

最近ヴォクシーの調子が悪いのでイグニッションコイルを交換しました。
・アイドリング時電圧の波がおかしい。
・時々、エンストする。
・エンジンの振動が大きくなってきた。
こんなような症状がひどくなってきました。
今現在、148000キロに達しております。

出典)アオリヤエンの”HAZMAT”|アオリヤエンのページ

走行距離も軽く70000キロメートルを超えぼちぼちあちこち交換部品が出始めているJJ号ですが、先日走行中に突然エンジン警告灯が点灯し、一瞬エンジンが止まりそうになりました。写真黄色○部分の2か所が点灯します。

その後、警告灯は点いたままでしたが、特に不調もなく走っていましたが、ディーラーに持ち込むと3番目のイグニッションコイルが死にかけてますとのこと。

出典)イグニッションコイル交換|JJ’s noahの愛車

我が家のノアは、家族の送り迎えに使っているので、急に故障されては困りますし、加速時の息継ぎ改善にもなる可能性もあるため、この時点でイグニッションコイルを自分ですることにしました。

【ノア・ヴォクシー】自分でプラグ&イグニッションコイルを交換する方法

なお、プラグに関して言えば、メーカー推奨の交換時期が2万キロ(標準プラグ)とか言われているので、今回は17万キロも良く頑張ってくれたプラグも一緒に交換していきます。

続いては、プラグとイグニッションコイルの交換に必要なものについてお話していきます。

スポンサーリンク

表示中の記事: 1 / 4ページ中