【日本車とはここが違う!】輸入車のスタッドレスタイヤ交換方法(BMW編)

タイヤ交換に必要な物

まずはじめに、輸入車のタイヤ交換に必要なものについてお話していきます。

【必要な物その1】ジャッキ

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a4%e4%ba%a4%e6%8f%9b%e3%81%ab%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%aa%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%ad

タイヤを交換するためには、ジャッキを使って車体を持ち上げる必要があります。

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%ad%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%a3%e3%81%a6%e8%bb%8a%e4%bd%93%e3%82%92%e6%8c%81%e3%81%a1%e4%b8%8a%e3%81%92%e3%82%8b

ジャッキアップの方法はこんなイメージで、日本車と同じようにジャッキアップすることができます。

その際に使うジャッキは日本車と同じものでOKですので、これまで使っていたジャッキを流用してもいいでしょう。

【必要な物その2】トルクレンチ&ソケット

%e8%bc%b8%e5%85%a5%e8%bb%8a%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a4%e4%ba%a4%e6%8f%9b%e3%81%a7%e4%bd%bf%e3%81%86%e3%83%88%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%81%ef%bc%86%e3%82%bd%e3%82%b1%e3%83%83

タイヤを固定しているボルトを締付けたりする時に使うのがトルクレンチと呼ばれるものです。

トルクレンチを使うと、ボルトの緩みによるタイヤの脱落や、ボルトの絞めすぎによるねじ山の破損などを未然に防ぐことができます。

ちなみにBMWの場合、ホイールを固定するボルトの適正な締付けトルクは日本車より若干高めとなっています。

「 日本車やったら だいたいこのくらいで大丈夫 」という数値(締付けトルク)を教えてくれました。

その数値が

軽自動車 70~90N・m(7~9kgf・m)
普通自動車 90~110N・m(9~11kgf・m)

ただし、トルクは車から出ているボルトの太さで変わるので、正確に知りたい場合はディーラーに電話して聞くと教えてくれるはずです。

引用)トルクレンチの使い方|タイヤ交換の締付けトルクは何キロ?|みやっちょのまめちっぷす

BMWのサービスマンより、締め付けトルクはあらかじめ聞いてあります。

ディーラーでは、高めぎりぎりの120Nmで、締め付けているそうです。

筆者の場合は、少々の走行の後、増し締めを実施するので、115Nmで締めます。

引用)いよいよ、冬支度|相棒の名は?BMW116i

【ホイールナット締め付けトルク基準値】
105N・m 国産車
120N・m BMW、アウディ、VW
130N・m ポルシェ
140N・m メルセデス

引用)BAL トルクレンチ |みんカラ

ちなみに、本来の締付けトルクの決め方はボルトの形状(主に太さなど)や用途によって変わってきます。

用途別にトルクが規定されており、例えば自動車の場合、1.8系列の締め付けトルクで固定することになります。

また締め付けトルクはねじのサイズによって値が変わります。大きなねじ程、大きな締め付けトルクとなります。

引用)ねじの締め付けトルク(軸力との関係)|機械設計エンジニアの基礎知識

一番正確なのは、サービスマニュアルに載っている値を用いるか、またはディーラーなどであなたが乗っている車の車種を告げて、その車に合った締付けトルクを教えてもらえれば良いでしょう。

トルクレンチそのものはカー用品店やホームセンターなどで4000~5000円程度で手に入れることができます。

トルクレンチに取り付けるソケットのサイズは、BMWの場合17mmのものが多いようです。

%ef%bd%82%ef%bd%8d%ef%bd%97%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a4%e4%ba%a4%e6%8f%9b%e3%81%a7%e3%81%af17mm%e3%81%ae%e3%82%bd%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%86

ただし、メーカー毎にサイズが異なっていますので、こちらのサイトのソケットサイズ(二面幅というところ)を確認して、自分の車に必要なソケットのサイズを確認しておきましょう。

>>輸入車適合表参照|KYO-EI

【必要な物その3】空気入れ

%e8%bc%b8%e5%85%a5%e8%bb%8a%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a4%e4%ba%a4%e6%8f%9b%e3%81%a7%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%aa%e7%a9%ba%e6%b0%97%e5%85%a5%e3%82%8c

タイヤは保管する際に空気を抜いている場合が多いので、タイヤ交換する前にタイヤに空気を入れておく必要があります。

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a4%e4%ba%a4%e6%8f%9b%e3%81%ae%e5%89%8d%e3%81%ab%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%81%ab%e7%a9%ba%e6%b0%97%e3%82%92%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%8a%e3%81%8f

このような車載電源(シガーソケット)に接続して使うタイプの空気入れ(約3000円)を持っていない場合は、事前に自由に使える空気入れが設置されているセルフガソリンスタンドにタイヤを持っていって空気を入れておいてもいいでしょう。

空気圧については、運転席側のドアの辺りのシールに規定値が記載されていますので、そちらを参考にしてください。

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%81%ae%e7%a9%ba%e6%b0%97%e5%9c%a7%e3%81%ae%e8%a6%8f%e5%ae%9a%e5%80%a4%e3%81%af%e6%89%89%e3%81%ae%e8%be%ba%e3%82%8a%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%ab%e8%a8%98

【必要な物その4】カパーコンパウンド(固着防止用のグリス)

カッパーコンパウンドは、ホイールを固定しているボルトに塗っておくことで、締付けトルクの均一化やネジ山の固着防止、そしてセンターハブとホイールが固着してしまうことなどを防止するために使います。

このようなカッパーコンパウンドはネットショップなどで2000円ぐらいで購入することができます。

数年後もボルトやホイールが固着しておらず、楽にタイヤ交換できるようにするためには、このような防錆、防固着グリスを塗布しておくことがとても大切です。

このグリスを購入するための出費は決して無駄にはなりませんので、ぜひこのタイミングで購入しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

2ページ目(全3ページ中)
スポンサーリンク