【タイヤ交換工賃節約】自分でタイヤを交換(組み替える)具体的な方法

タイヤレバーを使って自動車のタイヤを自分で組み換える方法

私は普段から、1本あたり1000~3000円のタイヤ交換(組み換え)工賃を節約するために、自分でタイヤの組み換え作業を行っています。

タイヤの組み換えとは、具体的に言うと、ホイールから古いタイヤを外し、新しいタイヤをホイールに付け直す作業のことです。

その際に使っている道具は、ホームセンターで売っているようなタイヤレバー(1000円ぐらい)だけ。

これが出来るようになると、ヤフオクで格安中古タイヤを落札して、その後自分でタイヤを組み換えるというようなことができるようになり、タイヤ組み換えの工賃節約だけではなく、タイヤ代まで節約できるようになります。

今回は、そんな自動車のタイヤを自分で交換する(組み換える)方法について詳しく紹介しておきます。

タイヤ交換(組み換え)の概要

まず、動画を見ることが出来る人は、こちらの動画をご覧ください。

自分でタイヤを組み換るイメージが沸いてくると思います。

【動画編集中】

具体的なタイヤ交換(組み換え)の方法

それでは、具体的なタイヤの組み換え方法についてお話ししていきます。

1.前準備

カバーを取り外して、タイヤの空気を抜く

まずは、タイヤについているキャップを取り外し、タイヤの空気を抜いていきます。

2.ホイールにかた~く張り付いているタイヤのビードを外す

L字の金具とハンマーでホイールからタイヤのリムを外す

ホイールにかた~く張り付いているタイヤをL字金具とハンマーを使って剥がしていきます。

3.タイヤレバーを使って更にホイールとタイヤ隙間を広げる

タイヤレバーを使ってホイールとタイヤのリムの隙間を広げる

今度は、タイヤレバーのまっすぐな部分を使って、ホイールとタイヤの隙間を全周にわたって徐々に広げていきます。

この時点ではまだタイヤとホイールがしっかりくっついていて、外れる感じはありません。

4.タイヤレバーの曲がっている部分を使ってホイールとタイヤを分離

タイヤレバーの曲がっている部分を使ってホイールとタイヤを剥がす

今度は、タイヤレバーの曲がっている部分を使って、ホイールとタイヤを分離します。

ホイールの断面

自動車のチューブレスタイヤの場合、ホイール側にこのような凹があり、タイヤのビードはこのホイールの凹にしっかりとはまっています。

タイヤのビードにタイヤレバーの曲がっている部分を引っ掛けて、思いっきり力を入れましょう。

タイヤの上に乗って揉みながら外す

一箇所外すことができたらタイヤの上に乗って、足でタイヤを揉みながら全周を外していきます。

※どうしてもタイヤのビードを外すことができない場合、ビードブレイカーを自作すると楽にビードをはずすことができますよ。

>>【単管パイプ】格安ビードブレイカーの作り方(自動車用)

5.反対側も同作業

反対側も1~4と同じ作業をやりましょう。

6.ホイールからタイヤを外す(表側)

ホイールの表面からタイヤを外していく

タイヤの表側を上に向け、タイヤレバーを使ってホイールからタイヤを外してきます。

コツは、タイヤを取り外している部分の反対側あたりを足でぎゅーっと踏みながら(上図の左足)作業を進めること。

やってみるとわかりますが、これをやらないとなかなかホイールからタイヤが外れてくれません。

7.ホイールからタイヤを外す(裏側)

裏側のホイールからタイヤを外す

次は、ホイールの裏側からタイヤを外していきます。

この時も先ほどと同様に、タイヤの反対側を足で踏みながら作業を進めていきましょう。

ホイールからタイヤが外れました

お疲れ様でした、これでタイヤの取り外しが完了です。

タイヤ組み換えの中で一番難しい工程はビードをうまく落とすというところなので、ここまでタイヤを外すことができたら後は簡単です。

スポンサーリンク

1ページ目(全2ページ中)
スポンサーリンク