【タイヤ交換工賃節約】自分でタイヤを交換(組み替える)具体的な方法

8.タイヤの取り付け(表側)

タイヤの取り付け

さあ、続いてはタイヤの取り付けです。

タイヤを下に敷き、ホイールの表面を下に向けて置きます。

タイヤレバーを使って、タイヤをホイールの中に入れていきましょう。

タイヤの取り付けはタイヤの取り外しより簡単なので、このあたりは順調にできると思います。

9.タイヤの取り付け(裏側)

タイヤの取り付け(裏側)

今度はタイヤの表面を上に向け、ホイールの中にタイヤのビードを入れていきます。

ホイールにタイヤを取り付けることができました

これで、ホイールにタイヤを取り付けることができました。

10.タイヤに空気を入れる

タンクつきのエアーコンプレッサーで組み換えたタイヤに空気を入れる

最後にタイヤに空気を入れればタイヤの組み換え完了です。

ただし、シガーライターから電源を取るような小型の空気入れだとうまくいきませんので、タンクつきのエアーコンプレッサーなどで空気を入れましょう。

私の場合は、いつも使っているガソリンスタンドで空気入れを借りてやってます。

ここで注意したいことは、タイヤの空気の入れ方にも少しコツがあるということ。

タイヤのバランスを良くするために、最初にタイヤに空気を入れた後、もう一度タイヤの空気を抜いて入れなおした方がいいということ。

タイヤの組み込みにも技術は必要です。

タイヤ、ホイールを傷付けないように組み込むのは当然ですが、 タイヤとホイールをきっちりフィットさせるのは技術と言うよりセオリーがあるんです。

組み込んだ直後のタイヤに空気を入れて”パン!”っと、ホイールに勘合させるのですが、 はまればOKではなく、一度空気を抜いて、歪を取り除いて、再度、空気を充填します。

一度、空気を抜くのは、余分な水分を極力少なくする事にもなりますし、フィッティングをより完全に近い状態としてくれます。

これによって、リムずれなどを防止できるわけです。

引用)組み込み時の注意|タイヤプラス

ちょっとしたことですが、こういったことをやるかやらないかで、タイヤバランスが変わってきたりしますので、ぜひ一手間かけてあげてください。

タイヤの処分について

取り外したタイヤはタイヤ交換サービスをしているガソリンスタンドで引き取ってもらう

取り外したタイヤは、不燃物として市のゴミ収集では回収してくれないところがほとんどだと思います。

タイヤを販売しているお店やタイヤ交換のサービスをしているガソリンスタンドなどで引き取ってもらいましょう。

ちなみに、私がいつも利用しているガソリンスタンドは、タイヤ処分料金は一本あたり300円です。

タイヤの販売などもやっている大手のガソリンスタンドであればほとんどそれぐらいの値段で引き取ってくれますので、ガソリンを入れたついでに「タイヤを引き取ってほしいんですけど・・・」って感じで聞いてみるといいと思いますよ。

最後に一言

今回は、【タイヤ交換工賃節約】自分でタイヤを交換(組み替える)具体的な方法についてお話しました。

ちなみに、今回はホイールのバランスを取っていませんが、必要がある場合(高速走行でハンドルがぶるぶる震えるなど)はディーラーなどに持ち込んでバランスを取ってもらいましょう。

バランス取りは、一本あたり1000~1500円ぐらいでやってくれると思います。

これまでの経験からいくと、一般道メインの場合はバランスをとらなくてもハンドルがブルブルする事はなく、高速道路ですこしそれを感じる程度です。

タイヤ交換したときにでも、その辺の道をかる~くその流してバランス取りが必要かどうか確認し、もしバランスが悪ければその辺のお店でタイヤバランスを取ってもらうと良いでしょう。

ちなみに、自分でタイヤバランスを取る方法はこちらにまとめてありますので、参考にしてみてください。

>>自分でクルマのタイヤのバランスを取る方法まとめ

スポンサーリンク

2ページ目(全2ページ中)
スポンサーリンク