【専用工具不要】自分でタイヤ交換する方法を徹底解説

専用工具は使わずに車載工具のみでタイヤ交換をする方法。トルクレンチを持っていない場合のホイールナットの締付けトルクの出し方などについて詳しく紹介。

冬用のスタッドレスタイヤを持っている人なら、一度は自分でやってみたいと感じるのが「タイヤ交換」だと思います。

出典)カバー付き 頑丈2WAYタイヤラック|nissen

なぜなら、自分でタイヤ交換ができれば車屋さんなどに支払っているホイールの着脱料金(約500~1000円/本)が節約できるから。

ただ、いざ自分でタイヤ交換しようと思っても、

  • どのような工具が必要なのか?
  • ホイールの締め付け力(トルク管理)はどのように行えばいいのか?
  • 具体的にどうやってタイヤ交換していけばいいのか?
  • タイヤ交換後の正しいタイヤ保管方法とは?

など、分からないことだらけだと思います。

でも実際のところは、意外にもタイヤ交換は特殊な工具を使わなくても、いくつかのポイントを知っていれば、車に標準で装備されている車載工具(パンクした時に応急タイヤに付け替える時に使う道具)だけでも、簡単に交換することができます。

ノアの車載工具

自分でタイヤ交換する方法

そこで今回は、初心者の人向けに自分でタイヤ交換する具体的な方法について、車載工具を使ったホイールのトルク管理の方法から、劣化を防止するタイヤの訪韓方法まで、ステップバイステップでお話して行きたいと思います。

なお、自分でタイヤ(ホイールではなく、ゴムの部分)の組み換えをやりたいと言う人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

タイヤレバーを使って自動車のタイヤを自分で組み換える方法

出典)【完全保存版】自分でタイヤを組み換える具体的な方法を徹底解説

スポンサーリンク

1ページ目(全3ページ中)
スポンサーリンク