【普通免許で牽引OK】軽規格のトレーラーを中古で安く購入する方法

軽トレーラーの引き取り(仮ナンバーの取得)について

続いては、軽トレーラーの引き取りについてです。

ここまでの作業で、車と軽トレーラーを連結するためのヒッチメンバーが取付されたので、すぐにでもヤフオクで落札した軽トレーラーを引き取りに行きたいところなのですが、現段階では軽トレーラーは車検切れの状態です。

軽トレーラーを引き取ってくる際に、名義変更の際に交付されたナンバーを取り付けたとしても、この状態では車検切れで公道を走ることになってしまい、仮に警察に見つかってしまった場合は一発免停となってしまいます。

車検が切れた車を公道で走らせた場合
(無車検車運行:道路運送車両法違反)

1.違反点数6点(前歴がない場合)
2.30日間の免許停止
3.6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金

引用)車検切れのペナルティ(罰則)は何があるのか|GooPit

色々と調べた結果、市役所で仮ナンバーを取得すれば、車検が切れた軽トレーラーを引っ張って走行してもOKになるようです。

自動車臨時運行許可(仮ナンバー)

自動車の新規検査、登録または自動車検査証の有効期間が満了した自動車などが検査(車検)を受けるなど、運行を臨時に認めるための仮ナンバーを貸出しする制度です。

引用)自動車臨時運行許可(仮ナンバー)|鈴鹿市

なお、この仮ナンバーを取得するために必要なものがこちら。

1.申請に必要なもの
1)運行許可期間中有効な自動車損害賠償責任保険証(原本)
※保険期間の最終日は許可できません。
2)自動車検査証、抹消登録証明書、自動車予備検査証など
(車体番号、車名、車体の形状などが確認できる書類)
3)運転免許証などの身分証明書
4)印鑑

引用)自動車臨時運行許可(仮ナンバー)|鈴鹿市

以前、名義変更で陸運局に行った際に「ついでに自賠責保険に入っておきましょう」と言っていたのは、この仮ナンバーの交付の段階で自賠責保険が必要になってくるからです。

実際の仮ナンバーの交付手続きはとても簡単で、市役所の窓口で「仮ナンバーがほしいのですが・・・」と言って、下記のような申請書に必要事項を記入し、もって行った書類を渡せばOKです。

%e8%87%a8%e6%99%82%e9%81%8b%e8%a1%8c%e8%a8%b1%e5%8f%af%e7%94%b3%e8%ab%8b%e6%9b%b8%ef%bc%88%e4%bb%ae%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%ef%bc%89

出典)自動車臨時運行許可申請書(PDF)|鈴鹿市

運行の目的というところには「車検のため」と記載し、運行の期間は軽トレーラーを取りに行く日から5日間(最大日数が5日間だったため)の期間を設定しました。

この仮ナンバーは、単にオークションで落札した車を移動する(自宅まで持ってくる)という理由では使えませんので、この仮ナンバーの交付期間の5日間の間で軽トレーラーの引き取りからユーザー車検まで完了する必要があります。

そういう事情が有りますので、事前に日程をしっかりと検討して、一度に引取りから車検まで完了できるよう計画を練っておきましょう。

窓口の人に色々聞きながら申請書に記入していき、持ってきた書類と一緒に提出すると、10~15分程度で仮ナンバーが交付されます。

%e8%bb%bd%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%81%ae%e8%bb%8a%e6%a4%9c%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab%e4%bb%ae%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%ae%e4%ba%a4%e4%bb%98

その後、実際に軽トレーラーを引き取りに行ったときの写真がこちら。

%e6%a0%bc%e5%ae%89%e4%b8%ad%e5%8f%a4%e3%81%a7%e8%b3%bc%e5%85%a5%e3%81%97%e3%81%9f%e8%bb%bd%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%b4%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc

こんな感じで、軽トレーラーのナンバーのところに仮ナンバーを取り付け、一旦自宅まで軽トレーラーを移動させました。

ここから先は、仮ナンバーの残りの期間で実際に軽トレーラーを軽自動車協会に持ち込み、ユーザー車検を行っていくことになります。

次のページでは、ユーザー車検の具体的な手順についてお話していきます。

スポンサーリンク

表示中の記事: 8 / 10ページ中

スポンサーリンク

関連コンテンツ