【完全保存版】ゆうちょ銀行で子供名義の口座を開設する方法

子供名義の口座を開設するために必要な物

まずはじめに、ゆうちょ銀行で子供名義の口座を開設する際に、窓口で必要となる物についてお話していきます。

【必要な物その1】自分の身分証明書

まず必要なものは、自分自身(親)の身分証明書です。

ゆうちょ銀行の場合、基本的には顔写真付きの身分証明書が必要になってきますので、顔写真のある運転免許書などを準備しておきましょう。

その他に身分証明書として認められるものが知りたい場合は、以下のページを参照ください。

出典)本人確認書類一覧-ゆうちょ銀行

【必要な物その2】子供の身分証明書

次に用意するものは、子供の身分証明書です。

ゆうちょ銀行の場合、身分証明書は基本的に顔写真入りのものが基本となっていますが、子供の場合、顔写真入りの身分証明証がないことが多いため、顔写真の付いていない子供の「健康保険証」や「児童扶養手当証書」などで代用することができます。

出典)本人確認書類一覧-ゆうちょ銀行

ただし、口座開設して通帳を受け取った後、証明書に記載の住所に郵便書留などを送付することで、その身分証明書に記載の住所が有効なものか確認するようです。

実際に、子供の健康保険証を提示した場合、口座開設の1~2日後にこのようなものが送られてきました。

ですので、子供の身分証明書としては、顔写真なしの健康保険証や児童扶養手当証書を持っていけばOKです。

【必要な物その3】印鑑

次に必要なものは、印鑑です。

印鑑は、今家で使っているものを利用してもOKですが、新たに100円均一などで判子とケースを一式購入し、それを使って口座開設をしておくといいと思います。

というのも、子供に通帳を渡すタイミングで印鑑も一緒に渡すことができれば、それ以降はそれを使って子供自身でいろんな手続きができるようになるからです。

【必要な物その4】お金

口座開設のタイミングで入金しておきたいお金がある場合は、それも一緒に持っていっておくと良いでしょう。

ちなみに、口座開設のタイミングで入金するお金は必須ではありませんので、入金するお金がなくても口座を開設することは可能です。

次のページでは、郵便局の窓口で口座を開設する具体的な流れについてお話していきます。

スポンサーリンク

表示中の記事: 2 / 3ページ中

スポンサーリンク

関連コンテンツ