【替芯】古くなった石油ストーブの芯を自分で交換する方法

スポンサーリンク

【STEP1】灯油タンクや乾電池を取り外す

石油ストーブの灯油タンクを取り外す

まずはじめに、石油ストーブから灯油タンクを抜き取っておきます。

電子着火のストーブ(ライターで火をつけなければならないものではなく、チッチッチッ・・・と音を立てて火がつくタイプ)の場合は、背面に乾電池があると思いますので、それも抜き取っておきましょう。

【STEP2】前面カバーや燃焼筒を取り外す

灯油ストーブの前面カバーを取り外す

次に、灯油ストーブの前面カバーを取り外しましょう。

燃焼筒は上に持ち上げるだけで取り外せます。

石油ストーブの燃焼筒

燃焼筒の上に消臭用のカバーのような部品がある場合は、この段階でそれも取り外しておきます。

石油ストーブの消臭用カバー

【STEP3】本体カバーを取り外す

ねじ回しで石油ストーブの本体カバーを外す

次に、石油ストーブの本体カバーを止めているネジを数本取り外していきます。

ネジを取り外すことができたら、本体カバーを上に持ち上げてやれば、下図のように本体カバーを取り外すことができます。

石油ストーブの本体カバーを取り外したところ

次のページでは、石油ストーブの芯の交換手順STEP4~6についてお話していきます。