破れた網戸の網を自分で張り替える方法

【STEP1】網戸をサッシから取り外す

まずはじめに、網戸をサッシから取り外していきましょう。

古いタイプの網戸の場合は網戸を持ち上げると簡単に取り外すことができましたが、最近のアルミサッシタイプの網戸は、網戸が外れてしまわないように網戸の上部にストッパーが取付けられています。

ですので、まずはこのストッパーを緩める作業から進めていきましょう。

網戸の上部のネジを緩め、ドライバーでストッパーを下に引き下げます。

反対側にも同じようなストッパーが設置されていますので、そちら側のストッパーも同じ要領で引き下げておきましょう。

次は網戸の下側をこんな感じで持ち上げ、網戸の中に隠れているローラーをレールから外していきます。

上のストッパーが外れていれば、こんな感じで簡単にローラーをレールから外すことができます。

反対側のローラーもレールから外すことができれば、簡単に網戸を取り外すことができます。

【STEP2】古い網を取り外す

次は、網戸についている古い網を取り外していきます。

マイナスドライバーを使って、網押えゴムを取り外していきましょう。

網押えゴムを取り外すことができたら、網を取り除いていきます。

こんな感じで、網を押えている網押えゴムを取り除くことができたら、簡単に網戸の網を取り外すことができます。

古い網は廃棄してしまってもOKですが、今回の場合、網押えゴムを再利用していきますので、網押えゴムは捨てずに取っておくことにします。

【STEP3】新しい網を取り付ける

ここからは、新しい網を取り付ける工程で、購入しておいた網を取り出し、網戸の枠の上に広げ、網戸クリップを使って枠に網を仮固定していきます。

網戸クリップはこんな感じで取付け、写真右下部から網押えゴムを取付けていきます。

網押えローラーで網押えゴムを押し込んで行ってください。

思っているよりも力を入れないとちゃんとした位置まで網押えゴムが押し込まれないので、グッグッと力を入れながらやっていきましょう。

網押えゴムを取付けたら、余った網戸をカッターでカットしていきます。

カットが完了したら、網の張り替えは完了です。

【STEP4】網戸を元に戻す

あとは、網戸を取り外したのと逆の手順で網戸をサッシにはめ込み、ストッパーを元のように戻していけばOK。

お疲れさまでした。

これで、網戸の張替えは完了です。

最後に一言

今回は、自分で網戸を張り替える方法についてお話しました。

網戸の張替えは、ホームセンターに売られている材料と道具を使って約1時間ほどで行うことができました。

作業自体はとても簡単ですので、修理費用を節約したい人はぜひ一度挑戦してみてください。

それでは!

スポンサーリンク

3ページ目(全3ページ中)
スポンサーリンク