海外からアロマオイルを個人輸入する具体的な方法

日本のアロマオイルの値段が高くなる2つの理由

アロマオイルの値段が高くなる主な理由はこちら。

  1. 問屋や販売店の中間マージン
  2. 日本独自の品質検査

普通、商品を海外から個人輸入をするということは問屋や販売店の中間マージンを浮かすというのが一般的です。

でもアロマオイルの場合は2の「日本独自の品質検査をなくす」ことがアロマオイルを安く手に入れるための重要な要素になっています。

そう、日本でアロマオイルを購入した時についてくるこのような紙のことです。

ケモタイプ精油の成分分析

プラナロムの日本の正規代理店は、「健草医学舎では、海外のメーカー任せにせず、日本国内再検査を行うことで、より正確に安全な商品をお届けできると確信しています。」とあります。

「海外の製品は品質が悪い」ということを前提とした成分分析ですが、でも良く考えてみると、そもそも品質が良いから「プラナロム」といった海外メーカーの製品を買おうとしていることと矛盾しているような気がしませんか?

残留農薬なんかが残っているようなアロマオイルを提供しているのであれば、メーカーの品質管理品が流通しているヨーロッパなどで高評価を得られることは無いでしょう。

気にするとするならば、海外から日本に入って来るまでの製品の劣化が妥当と考えます。

ですがその点についても、製品の劣化は海外から日本まで運ぶ数日の間にどのアロマオイルにも必ず起こっていることですし、実際にアロマオイルが届いてから使い切るまでの期間と比較すれば、その期間に劣化は取るに足らないものでしょう。

個人輸入では、そんな日本での品質検査を飛ばしてしまうことで、アロマオイルの購入価格を抑えることができます。

「日本で成分分析したものが安心だ」という場合は、アロマオイルの個人輸入はしないほうが良いでしょう。

次のページでは、アロマオイルを格安で手に入れる個人輸入の具体的な手順についてお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました