中古のBOSEのAW-1(AW-1D)を高音質化する3つのポイント

スポンサーリンク

【ポイントその1】劣化した部品をレストアする

まずはじめにお話したいことは、AW-1が1980年代に製造されてから既に20年以上が経過しているため、AW-1内部の機能電子部品が劣化してしまっているということです。

特に、コンデンサー(下にある基盤にたくさんある円筒形でフィルムに覆われている部品)は通電せずに放置している時間が長いと容量が抜けて来て、それを使っている場所によって高音がや低音が抜けて来たりします。

出典)電解コンデンサが円筒状になっている理由|MONOist

さらに、電源部に使われているコンデンサーが弱ってくると、電源周波数に準じた低い「ブーン」という雑音が増えてきます。

また、それとは逆に半導体素子(トランジスタなど)の場合は、通電すればするほどノイズが増加してきますので、結局のところどのような使い方をしていたとしても、製造されてから時間が経過するにつれて、最初の頃より音が悪くなっていることは仕方のないことです。

一般的には、製造後5~10年目ぐらいからそれらの音質の劣化が徐々に始まり、15年以上経ってくると素人でも明確に音質の差が聞き分けられるようなレベルになってくるようです。

歴史的名機と呼ばれたBOSEのAW-1も、製造後20年も経ってしまった今では、このような機能電子部品の劣化には逆らえないため音質が劣化し、ノイズが気になるような状態になってしまっています。

ですから、AW-1本来の音質を楽しむためには、劣化した部品を交換するといったレストアが必要になります。

レストアを業者に依頼したときの相場は約12000円前後で、納期は4日~2週間といった感じ。

私が実際にAW-1をレストアをした時の詳細は、こちらの記事にまとめてあるので参考にしてみてください。

>>BOSEのAW-1(AW-1D)修理委託先による違いを聞き比べ

【ポイントその2】外付けDACで地デジも高音質化

BOSEのAW-1の入力は、アナログのピンプラグだけしかなく、音声光ケーブルなどを接続することができません。

例えば、テレビの地デジの音声をAW-1で出力したいと考えた場合、テレビに内臓されている性能の悪いDAC(デジタル信号をアナログ信号に変換する装置)を使ってD/A変換された質の悪いソースを再生しなければならなくなります。

ちなみに、テレビの内部は狭い空間に基盤が詰め込まれた状態なので、当然ノイズもたくさん発生しています。

そのようなところでアナログ変換されたソースには、それら電子回路から発せられたノイズもたくさん載ってしまっています・・・。

いくら名機と呼ばれたAW-1を使ったとしても、AW-1はソースを増幅して再生するものなので、そもそものソースの質が悪ければそれ以上良い音質で再生されることはなく、それらのノイズも一緒に増幅再生されてしまいます。

では一体どうすればいいのか?

今回紹介するのは、後付けで光ケーブルのデジタル信号をアナログ信号に変換する機器です。

Orange Line 音声 デジタル→アナログ変換器 入力:光&同軸 出力:コンポジット(RCA)&ステレオミニジャック

出典)Orange Line 音声 デジタル→アナログ変換器 入力:光&同軸 出力:コンポジット(RCA)&ステレオミニジャック メーカー保証付き|Amazon

ノイズの多い、かつコストダウンの影響をふんだんに受けたテレビ内臓のDACで音声をD/A変換するのではなく、このようなアナログノイズを通さない光ケーブル(デジタル)で外付けしたD/A変換機でソースをピンプラグのアナログに変換してあげることで、ノイズによる音質の劣化を防ぐことができます。

アマゾンなどのネットショップで、「光ケーブル ピンプラグ 変換」と検索すればいくつかの商品がヒットしますが、比較的値段の安いものでもテレビ内臓のDACより断然高音質なD/A変換してくれますのでお試しあれ。

次のページでは、BOSE AW-1を高音質化するポイントその3についてお話していきます。