【交換時期は2年毎】ブレーキフルードをDIY交換する方法

ブレーキフルードの具体的な交換手順

ここからは、ブレーキフルードの具体的な交換手順についてお話していきます。

【STEP1】ジャッキアップ&タイヤの取り外し

早速、車をジャッキアップしてタイヤを取り外していきたいところなのですが、ここで問題になってくるのは、4輪あるタイヤのうち、どこからやり始めればいいのかということ。

ブレーキフルードを交換する際は、「ブレーキのマスターシリンダーから遠い順にブレーキフルードを排出していく」というルールがあります。

この車の場合、車の前方右側にブレーキのマスターシリンダーがありますので、後方左側のブレーキフルードから交換していくことになります。

ジャッキアップ後は、安全のためにウマをかけるか、取り外したタイヤなどを車体の下に入れ、ジャッキやウマが外れてしまったときにも事故が起こらないようにしておきましょう。

【STEP2】リザーバタンク内に残っている古いフルードを吸い出す

次は、リザーバタンク内にある古いフルードを、事前に購入しておいたプラスチック容器を使って吸い出します。

古いブレーキフルードを吸い出す量としては、エア噛みを防ぐため、リザーブタンクの側面に記載されているMINラインのレベルまでとしておきましょう。

【STEP3】リザーバタンクに新しいブレーキフルードを補充する

古いブレーキフルードを抜き取った後は、新しいブレーキフルードをリザーバタンクに補充していきます。

リザーバタンク側面に記載されているMAXラインを目安に、ブレーキフルードをこぼさないように、またフルード内にエア(気泡)ができないように静かに補充していくのがコツです。

【STEP4】ワンウェイバルブキットを取り付ける

次は、ブレーキフルードを抜き取るために使うワンウェイバルブキットを取り付けていきます。

ブレーキについているこのような形のゴムキャップを外すと、ブリーダープラグが見えてきます。

そのブリーダープラグに、ワンウェイバルブキットのホースの入口側を接続します。

キットにホースバンドなどが付属している場合は、それを取り付け、ホースが抜けないようにしておきましょう。

あとはワンウェイバルブキットの出口側のホースをペットボトルなどの中に入れ、こんな感じでペットボトルが倒れないようにセットしておきます。

次のページでは、ブレーキフルードの具体的な交換手順STEP5~6についてお話していきます。

スポンサーリンク

3ページ目(全4ページ中)
スポンサーリンク