家具

【予算1万円】おしゃれな椅子付きDIYダイニングテーブルの作り方

スポンサーリンク
スポンサーリンク


具体的なダイニングテーブルの作り方

ダイニングテーブルの手作り完成品

ここからは、ダイニングテーブルの具体的な作り方についてお話していきます。

【STEP1】天板を作る

まずはじめに、天板と座面に使う材料を用意していきます。

購入しておいた2×4材を1655mmの長さに6本カットしていきましょう。

木材の長さをはかる

レンタルした丸鋸

カットした6本の木材をこんな感じで並べて、長さ(535mm)を測ります。

カットした木材の長さをはかる

天板の裏に固定するパーツを作るために、2×4材を535mmで3本カットします。

カットした木材(短い方、2本)の上に、先程準備しておいた木材(長い方)を載せ、下の写真のような感じでビス止めして天板を組み立てていきます。

電動ドライバー

半分組み立てた状態

組み上がった天板

天板の裏の短いパーツは、両端から80~100mm位のところで固定できればOKです。

次に、天板をヒックリ返して、もう一つ余っていた短い方のパーツを真ん中に乗せ、裏側からビス止めしていきます。

天板の真ん中にも補強を入れる

これで天板の組み立ては完成です。

【STEP2】天板にテーブルの足を取り付ける

次に、先程作った天板に、テーブルの足を取り付けていきます。

今回の一番の目玉になるのがこのテーブルの足の部分で、2×4材を斜めにカットする必要があります。

ダイニングテーブルの手作り完成品

この木材の斜めカットさえ攻略できれば、後は簡単ですので、気合を入れてカットしていきましょう。

まず、2×4材の片方の端を約20°の角度をつけてカットします。

木材を斜めにカット

次に、ちょうどいいテーブルの高さ(今回は約670mm)にするために、先程斜めにカットしておいた木材を壁に立てかけ、天板の厚さ(約40mm)を差し引いた630mmのところに目印を付け、そのラインで同じように木材を斜めカット(ナナメカットで675mm)します。

高さをはかる

丸鋸で木材をカット

卓上丸ノコのいいところは一度切断角度をセットしてしまえば、それと同じ角度でカットできてしまいます。

DIY初心者の人は、予算が許すのであればこのような電動丸ノコをホームセンターで借りてやっておくと、テーブルの足の斜め具合がキレイに揃いますので、おすすめです。

ダイニングテーブルの足が一本できたら、それと同じものをあと3本(合計4本)作っておきましょう。

木材に目印をつける

テーブルの足が4本できたら、天板に足を取り付けていきます。

テーブルの足をビスで固定する

1本のビスを取り付けた

まずは足の真ん中のところぐらいでビス止めし、残りは以下のような感じで、しっかりとビス止めしていきます。

ナナメからビスを固定

もう一つナナメからビスを固定

さらにもう一つナナメからビスを固定

横側からビスを取り付け

もう一本ビスを取り付け

ビスを取り付けた後

テーブルの足のビス止めのポイントは、天板の裏側の短い方の板にだけ固定するのではなく、ビスを斜めに打ち込んだりして天板の方(長い方の板)にも固定するという点です。

このような感じで、ダイニングテーブルの足を4本とも固定していきましょう。

天板にテーブルの足が取り付けられた

次のページでは、ダイニングテーブルの作り方STEP3についてお話していきます。




DIY生活マニア

実用的なDIY生活の運営者。7人家族で5人の子供の父親。いつも「どうにか安く必要なものを手に入れることができないか?」ということを考えながらDIYに励んでいる。

DIY生活マニアをフォローする


実用的なDIY生活
タイトルとURLをコピーしました