扉のマグネットドアストッパーの引っかかり故障を取替修理する方法

部屋のドアストッパーの引っかかり故障を取替修理

家やマンション、アパートなどに付いているマグネット式のドアストッパーは、取り付けから数年が経過してくると引っかかりがでてきてしまいます。

このような症状が出てきた場合、ストッパー内部の部品に小さな凸凹傷ができてしまっているため、調整だけではその時はうまく直っても、またすぐに引っかかりの症状が出てきてしまいます。

我が家のストッパーも引っかかりが激しく、何度かストッパーの位置を調整するなどしてみましたが、引っかかりが根治することはありませんでした。

色々検討した結果、このタイプのドアストッパーは大型ホームセンターやネットショップ(「ドアストッパー マグネット」などと検索)で300円程度で購入できることを知り、自分で交換してみることにしました。

ドアストッパーを新品に交換した結果、ドアの引っ掛かりもなくなって大満足でした。

今回は、そんなマグネット式のドアストッパーの交換方法について詳しくお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました