扉のマグネットドアストッパーの引っかかり故障を取替修理する方法

【STEP1】古いドアストッパーを取り外す

まずはじめに、ドアや床に取り付けられているドアストッパーを取り外していきます。

ドアに取り付けられているストッパー

ドア側のパーツはプラスネジ2本で固定されていますので、プラスドライバーを使って取り外していきます。

ドア側の部品を取り外す

ドア側の部品を取り外した

次に、床側の部品についても、同様に取り外していきます。

床に取り付けられているドアストッパー

ドアストッパーの取り付けに使うプラスドライバー

ドアストッパーを取り外したところ

【STEP2】新しいドアストッパーを取り付ける

次は新しいドアストッパーを取り付けていきます。

新しいドアストッパーの中身

同じ形状のドアストッパーであれば、すでにネジ穴が空いているため、そのまま取り付けていくだけとなります。

新しいドアストッパーを取り付けたところ

このタイプのドアストッパーは、ドア側のパーツのネジ取付部が長穴になっていて、パーツの位置を上下に調整することができます。

ドア側のパーツの位置が下すぎると、以下のような感じで床側のパーツの金属板がうまくドア側のパーツの奥まで入り込むことができません。

ドア側のマグネットストパーのパーツの位置が下すぎる

そのような場合は、ドア側のパーツの位置を少し上にずらして固定し、下図のような感じで床側の金属板がドア側のパーツの奥までスムーズに出入りする位置に調整してあげましょう。

扉側のドアストッパーのパーツの位置調整

お疲れさまでした。

これでドアストッパーの交換作業は完了です。

最後に一言

今回は、扉のマグネット式ドアストッパーの引っかかり故障を取替修理する方法についてお話しました。

このタイプのドアストッパーはパーツ代も安く、交換も簡単なので、具合が悪くなる度に調整するより、思い切って新品に交換してあげる方がいいと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

それでは!



タイトルとURLをコピーしました