エンジンフラッシングオイル(洗浄剤)の効果を徹底検証

フラッシングオイルの作用について

まずはじめに、エンジンフラッシングとは一体どういうものなのかということについてお話していきます。

いつも定期的に交換するエンジンオイルには大きく分けて2つの役割があります。

それは、①エンジン内部の潤滑と②エンジン内部を綺麗に保つことです。

ここで、エンジンフラッシングに関係してくるのは2つ目のエンジンオイルの役割であるエンジン内部をきれいに保つという点であり、エンジンオイルにはエンジン内部に溜まった汚れを洗浄する(オイルに溶かす)ための添加剤が含まれています。

ただ、この添加剤はエンジンの熱などによって酸化してしまうため、ずっと同じエンジンオイルを使い続けていると、エンジンオイルによる洗浄効果が薄れてしまいます。

エンジンオイルの交換を怠り、洗浄効果の弱いエンジンオイルを使い続けていると、エンジン内部に汚れが堆積してしまい、一般的なオイル交換だけではそれらの汚れを取り除くことができなくなってきます。

そのような場合に使用するのが「フラッシングオイル」や「フラッシング洗浄剤」です。

オイル交換の前にフラッシング剤をエンジンオイル注入口に投入し、そのままの状態でエンジンをアイドリングさせることで、通常のオイル交換だけでは取り除くことができないエンジン内部の汚れを取り除くことができると言われています。

逆に言うと、短期間でしっかりとオイル交換していたり、洗浄効果の高い添加剤がたくさん入った良質なオイルを使用し続けているような場合、エンジン内部に汚れが溜まっていないことがあり、そのような場合にはエンジンフラッシングをやってもあまり意味がないということになります。

まぁ、そこまで手間暇とお金をしっかりとかけてオイル交換をしているような場合、エンジン内部の汚れが原因となってエンジンが不調になることはないと思いますので、そもそもエンジンフラッシングしてみようという気にもならないと思います。

まずは、このようなエンジンオイルの洗浄作用と、それを担う添加剤の劣化によるエンジン内部への汚れの蓄積、それを洗浄するのがエンジンフラッシング洗浄剤という構図をしっかりと覚えておきましょう。

次のページでは、フラッシング洗浄効果の検証実験についてお話していきます。

スポンサーリンク

2ページ目(全5ページ中)
スポンサーリンク