きれいさっぱり丸洗い!敷布団をコインランドリーで洗濯する方法

スポンサーリンク

コインランドリーで洗える布団の種類

「コインランドリーで布団を洗うというだけで驚きなのですが、全ての布団がコインランドリーで洗えるの?」

そうですよね。

実は、コインランドリーで洗えない布団もあります。

例えば、布団の中身が「羊毛(ウール)100%」は摩擦で縮んだり、「真綿」は摩擦に弱くて切れてしまったりします。

クリーニング&コインランドリーの業者の考え方はこちらが参考になります。

Q;どんな布団が洗えますか
A;”ご家庭でも使えるお洗濯ガイド(PDF版、ダウンロード)”をご覧下さい。毛布や羽毛布団がオススメです。羊毛100%や真綿のお布団は洗えません。敷布団はポリエステル綿またはポリエステル/羊毛=50/50で上から下まで貫通するようにキルティング加工してあれば洗えます。3層構造の敷布団は中心部にある固綿が偏る可能性があるので洗えません。わからない場合はお気軽にご相談ください。

出典 札幌の洗濯代行 コインランドリーならジャバリン
http://www.jabbaring.com/futon/

掛け布団なら、わりと多くの布団がコインランドリーで普通に洗えるようですね。

ただし、キルティング加工(下図のように中綿が偏らないように布団の内部を分割している構造のこと)がされていない敷布団は洗えないとされています。

キルティング加工

でも、掛け布団はこのような感じでキルティング加工されている物が多いですが、敷布団はキルティング加工されていないものもあるのではないでしょうか?

そこで今回工夫したのは、「敷布団で上下に貫通してキルティング加工していないものでもコインランドリーで洗ってしまう」という点。

そこに着目して、記事を読み進めてもらうとコインランドリーでの敷布団の洗い方のコツが良く分かると思います。

敷布団のコインランドリー洗濯のポイントは麻紐で布団を縛ること

洗濯機で布団を洗ったときの一番の失敗例は、中の綿が偏ってしまって元に戻らず、布団が使えなくなってしまうこと。

羽毛布団などは基本的にキルティングが施されているため、コインランドリーでそのまま洗ってもOKです。

でも、敷布団の多くは、キルティングが施されていないため、そのまま洗うと、中の綿が偏ってしまって、取り返しのつかないことになります。

キルティングが施されていない敷布団の中身が偏らないように洗濯するためには、布団を細長く丸めて、麻紐で縛ります。

麻ひもで敷布団を固定する

この方法であれば、選択中でも中綿が動かないため、コインランドリーでも敷布団が洗えます。

敷布団を洗う日は、晴れた日の午前中一番

敷布団をコインランドリーで洗う最適な日は、晴れた日の午前中の朝一番です。

雨の日は、服の洗濯でコインランドリーを利用するお客さんが多く、敷布団を担いでコインランドリーに入っていくと、机に布団を置いたりすると、他のお客さんの邪魔になってしまったり、布団が洗える大型の洗濯機を大量の服を洗濯するために使っている場合もあります。

コインランドリーで布団を洗濯するなら、晴れた日に貸切で!

逆に晴れた日であれば、このようにほとんど貸切でコインランドリーが使えます。

また、敷布団をコインランドリーで洗濯した後は、自宅に持ち帰り、家の外で干して乾かすのが一番安上がりです。

自宅の風呂場などで踏み洗いした場合、家庭用の洗濯機では敷布団の脱水が出来ないので、びしょびしょのまま干すことになり、完全に乾くまで1~2日はかかってしまいます。

コインランドリーで洗濯した場合、一番最後に脱水をかけてくれるので、丸1日あれば敷布団もしっかりと中まで乾かすことが出来ますので、敷布団を洗うのは、晴れた日の朝一番にしておきましょう。

次のページでは、コインランドリーで敷布団を洗う具体的な手順についてお話していきます。