ウッドデッキ

廃材を使ってウッドデッキをリメイクするする方法

廃材を補修再利用して作ったウッドデッキ

ソフトウッドを使った手作りウッドデッキは、制作から5~10年ほどで木材が腐ってボロボロになってしまいます。

こうなってしまうとウッドデッキをすべて解体廃棄処分して、また新しい材料で作り直すのが一般的です。

ただ、ここでもうひと手間加えて、解体した木材の状態を確認しながら使えるものを選定して補修を行い、更に腐った部分を取り除いたりして短くなった木材をもう一度活用できるようウッドデッキ形状を分割型にしたりすることによって、廃材にされるはずだった材料をもう一度ウッドデッキの材料として再利用することができます。

この方法をマスターすれば、ソフトウッドのウッドデッキを一般的な耐用年数と言われている2~3年を超えて10年以上も使い続けていくことができます。

そこで今回は、ウッドデッキの廃材の補修再利用の具体的な方法について詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

ソフトウッドの耐用年数

DIY初心者でウッドデッキの楽しさを優先するのであれば、価格も安く加工もしやすいソフトウッド材を使うのがベストだと思います。

  • ソフトウッド(ホームセンターなどで手に入る2✕4SPF材、杉板など)
    →耐用年数は約3年、耐用年数は短いが、価格は安いし加工しやすい。
  • ハードウッド
    →耐用年数は約15年、価格は高く、加工もしにくいが、高耐久。
  • 防虫剤入りウッド(ヒノキ材、防虫剤はタナリスCYやAACなど)
    →耐用年数は約15年、価格はやや高め、加工性は普通、高耐久。
  • 人工木、樹脂デッキ
    →耐用年数は約10年、価格は高く、加工も難しい。高耐久。

例えば、下記のような広々ウッドデッキ(6畳、12㎡)が制作日数2日、予算約5万円ほどで作れてしまいます。

予算5万円で作った簡単DIYウッドデッキ

>>広々おしゃれな手作りウッドデッキのDIY方法

広々ウッドデッキがこんなに安く作れるというのが、ソフトウッドの一番のメリットだと思います。

実際のソフトウッドの腐食箇所

ここで問題になってくるのは、ソフトウッドで作ったウッドデッキは制作から4~5年が経過した時に色んな部分が傷んできてしまうということです。

例えば、ウッドデッキ表面のネジ止め部や、天板裏側の木材と木材が重なり合っている部分、天板の下に敷いていた木材などがこのような感じで腐ってきています。

ウッドデッキの天板ネジ止め部

廃材を使ってウッドデッキをリメイクするする方法

木材同士が重なっていた部分(天板の木材を外して裏返したところ)

ウッドデッキ天板裏側の腐り具合

天板の下に敷かれている木材

ウッドデッキの基礎部分の腐食

このように、ソフトウッドを使ったウッドデッキは4~5年が経過すると所々がこのような感じで劣化してくるため、少しガタツキが出てきたりしてきます。

このままだと危険ですし、見た目も悪いため、どうにかしないといけないと感じるようになりました。

腐ったウッドデッキ材料の再利用方法

普通、ウッドデッキが上記のような状態になっているのを見たら木材はすべて廃棄処分して、新しい材料でウッドデッキを作り直す必要があるのではなかと考えてしまうと思います。

でも、日曜大工を趣味にしている人の感覚だと、1本1本、木材の腐っている部分を調べて選別補修していけば、もう一度ウッドデッキの材料として使っていけると考える事ができます。

ただ、腐った部分を取り除くので木材の長さは短くなってしまいますので、ウッドデッキ形状を分割して構成するというような工夫をする必要も出てきます。

業者の人と違って素人の趣味のDIYですから、お金を使う代わりにたっぷりと時間を使ってこういった作業を進めていけば、制作から5年経過したウッドデッキが以下のような感じで蘇ります。

リメイク前の手作りウッドデッキ

予算5万円で作った簡単DIYウッドデッキ

廃材を補修再利用して作ったウッドデッキ

廃材を補修再利用して作ったウッドデッキ

当初作ったウッドデッキは1本ものの長い木材を使ってウッドデッキの天板を作っていきましたが、今回は、ウッドデッキを3分割して短いウッド材と長いウッド材を適材適所で使い分けながらリメイクしました。

以前よりもウッドデッキの面積が広がっているのは、途中でウッドデッキを増築したという経緯もあったり、また、おうちキャンプなどをする際、やはりもう少し広いほうがテントを張りやすいという子供たちからの要望も踏まえて、少しだけ材料を買い足して作りました。

今回この5年目ウッドデッキの廃材再利用リメイクにかかった費用は約2万円、製作期間は約4日でした。

次のページでは、ウッドデッキをリメイクするために必要な道具についてお話していきます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク
DIY生活マニア

実用的なDIY生活の運営者。8人家族で6人の子供の父親。いつも「どうにか安く必要なものを手に入れることができないか?」ということを考えながらDIYに励んでいる。

DIY生活マニアをフォローする
実用的なDIY生活
タイトルとURLをコピーしました