ヒッチメンバーを自分でDIY取付する方法

ボルトオンタイプのヒッチメンバーなら車体への穴あけ不要なので自分で取り付け可能。ヒッチメンバーの選び方から本体の取り付け方法、配線の処理方法など写真付きで詳しく紹介。

水上バイクの軽トレーラーや、カーゴトレーラーなどを牽引する場合、けん引車側と接続するために必要になってくるのがヒッチメンバーです。

普通、専門業者から新品のヒッチメンバーを購入し、そのお店で取付までやってもらうこと一般的です。

でも今回は、費用節約のため、ヤフオクで購入した中古のヒッチメンバー(約5万円)を自分で取り付けることに挑戦してみました。

そこで今回は、中古で購入したヒッチメンバーを自分で取り付ける具体的な方法について、詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

1ページ目(全6ページ中)
スポンサーリンク