壁紙クロスのマジックやボールペンの落書きをきれいに消す方法

壁紙クロスの落書き消しに使うもの

今回は、壁紙にマジックやクレヨン、ボールペンなどで落書きされた時に使えるクロスタッチを使って落書きを消していきます。

クロスタッチで壁紙の落書き消し

クロスタッチは壁紙クロスに塗りつけることが出来る塗料で、落書きにその塗料を上塗りすることで落書きを目立たなくすることができます。

このような壁紙専用の塗料はホームセンターなどで数百円で購入することができますので、壁紙の色にあった塗料を購入しておきましょう。

具体的な落書き消しの方法について

まずはじめに、購入しておいたクロスタッチの箱を開封し、塗料のボトルをしっかりと上下に振っておきます。

クロスタッチを上下に降る

そして、落書きされた壁にキャップに付属している筆を使って、塗料を塗りつけていきます。

マジックで落書きされた壁紙クロスの補修

ここで知っておきたいこととしては、マジックなどの強い色のペンで書かれた落書きは、1度塗っただけではうまく落書きを目立たなくすることができないということです。

下の写真のように、塗料を塗っては乾燥させるということを繰り返すことによって、マジックなどの落書きはかなり目立たなくなっていきます。

補修前の状態

壁紙クロスのマジック落書きを消す方法

塗料の塗り付け1回目

塗料の塗り付け1回目

塗料の塗り付け2回目

塗料の塗り付け2回目

塗料の塗り付け3回目

塗料の塗り付け3回目

クロスタッチを3度塗りほどしてやれば、遠目からはどこに落書きがあったのか分からない感じにまで目立たなくすることができます。

もう一箇所、マジックで落書きされていたところがありましたので、こちらもこの壁紙専用塗料で落書き消ししてみました。

補修前の壁紙

マジックで落書きされた壁

このマジックの落書きにクロスタッチを塗布していきます。

壁紙の落書きにクロスタッチ

塗料の塗り付け1回目

壁に塗料の塗り付け1回目

塗料の塗り付け2回目

壁に塗料の塗り付け2回目

塗料の塗り付け3回目

壁に塗料の塗り付け3回目

こんな感じで、こちらの壁に書かれたマジックの落書きもなかなかきれいに目立たなくなりました。

最後に一言

今回は、壁紙クロスのマジックやボールペンの落書きをきれいに消す方法についてお話しました。

一般的に、壁紙クロスの油性汚れは除光液などを使って塗料を溶かして拭き取るという方法が進められていますが、その方法だと汚れは薄くはなるものの汚れが広がってしまい、逆に汚れを目立たせてしまう可能性があります。

でも、このように壁紙専用の塗料を使って落書きに上塗りする方法なら、着実に落書きを目立たなくしていくことができます。

是非参考にしてみてくださいね。

それでは!



タイトルとURLをコピーしました