【初心者DIY】換気扇を自分で取り付け交換する方法

【STEP3】換気扇を取り付けるための木枠を作成する

次は、換気扇を取り付けるための木枠を作成していきます。

換気扇の木枠というと通常、以下のような形のものとなります。

壁に固定するための木枠です。内側の枠は換気扇本体寸法より3~4ミリほど大きく作り、外側の木枠は壁のスタッドとツライチ(面を揃える)になるようにします。

出典)換気扇取付け|DIY 日曜大工で家をつくる

本来であれば上記のような木枠を作成して壁の中に埋め込んでいくのが理想なのですが、今回はスペースの問題(柱と柱の隙間への設置)から、換気扇をビス止めする場所だけ木枠を作り、壁の中は厚さの薄いプラダンで枠を作ることにしました。

穴の周りをどうするか

木材を取り付けただけ

壁の穴を囲うような感じになるように木材をカットし、柱のあるところでビス止め。

プラダンの方は、換気扇にちょうどハマる大きさにカット&強力な屋外タイプのガムテープで形を作り、壁にはめ込んでいきます。

プラダンで換気扇の枠を作成

プラダンと壁の隙間はコーキングで防水

この段階でプラダンと壁の隙間にコーキングをもりもりっと塗りつけていき、その隙間から雨水が侵入してこないようにしておきます。

【STEP4】屋外フードを取り付ける

次は屋外フードの取り付けです。

屋外フードの取り付けは簡単で、プラダンで作った換気扇枠の部分を覆うようにビス止めし、屋外フードの周りにもコーキングを施しておくだけ。

換気扇の屋外フードをコーキングで防水

換気扇の屋外フードを取り付け

これで換気扇を取り付けるための準備が整いました。

【STEP5】換気扇を取り付ける

ここからはいよいよ換気扇の取り付けです。

はじめに、箱から取り出した換気扇をこんな感じで分解していきます。

ファンのネジを外す

ファンを取り外す

換気扇下のオイル受けを外す

換気扇カバーを外す

取り付ける前の換気扇

換気扇の分解はこんな感じで、工具を使わずに簡単に分解していくことができます。

ここまで分解ができたら、この換気扇本体を壁にビス止め(4箇所)していきます。

換気扇をビス止め

ビスで換気扇を固定

換気扇の固定完了

あとは、先程換気扇を分解したのと逆の手順で換気扇を組み立てていきましょう。

換気扇のカバーを取り付ける

オイル雨受けを取り付ける

ファンを固定する

換気扇本体の取り付け完了

これで換気扇本体を取り付けることができました。

あとは、換気扇の電源のために据え付けタイプの延長コードを取り付けていきます。

電源の延長コード

コンセントを差す

あとはコンセントに電源プラグを差し込み、ヒモを引っ張れば・・・

換気扇の電源ON

換気扇が動き出しました!!

お疲れ様でした。

これで換気扇の取り付けは完了です。

最後に一言

今回は、【初心者DIY】換気扇を自分で取り付ける方法についてお話しました。

換気扇を取り付けたことによって、いままでとても不快に感じていたあの階段の熱気がウソのようになくなり大満足です。

ただ、換気扇のDIY設置のデメリットとして、高い場所に登って作業しなければならないことが多かったことが挙げられます。

怪我をしてしまっては元も子もないですので、もし少しでも怖いなぁと感じたら、換気扇の取り付けをプロにお願いして方がいいと思います。

それでは!



タイトルとURLをコピーしました