DIY修理

【DIY傘修理】骨折れやつゆ先外れなど自分で直す3つの方法まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


傘修理で必要なものについて

まずはじめに、傘を修理するために必要なものについてお話していきます。

【必要なものその1】補修パーツ

ホームセンターにう売られているDIY傘補修パーツ

傘を直すためのパーツは、ホームセンターなどで売られています。

補修パーツにはいろんな種類のものがありますが、最初に購入するのであれば真ん中や右側にあるような、色んなパターンの修理に対応できるようなセットタイプのもの(約400~500円程度)を購入しておくのがおすすめです。

ちょっと値段が高い気もしますが、セット品を購入しておけば、今後の傘修理の際は買い物に行かなくてもその場で傘を修理していくことが出来ますよ。

【必要なものその2】ラジオペンチ

傘の骨折れ修理

傘の骨折れ修理をする場合、補修パーツの爪を折り曲げたりするためにラジオペンチを使います。

100円均一などに売られているものでOKですので、家にない場合は購入しておいてください。

【必要なものその3】針と糸

外れた露先を針と糸で取り付ける

露先を修理する場合、裁縫道具(針と糸)が必要になります。

家にあるもので充分ですので準備しておきましょう。

次のページでは、傘修理の具体的な方法について破損箇所別に詳しくお話していきます。




DIY生活マニア

実用的なDIY生活の運営者。7人家族で5人の子供の父親。いつも「どうにか安く必要なものを手に入れることができないか?」ということを考えながらDIYに励んでいる。

DIY生活マニアをフォローする


実用的なDIY生活
タイトルとURLをコピーしました