DIY修理

【DIY傘修理】骨折れやつゆ先外れなど自分で直す3つの方法まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


【傘修理その3】先端パーツ外れ

次に紹介するのが、傘の先端パーツがハズレてしまった時の修理方法です。

傘の先端パーツがハズレてしまっていた

この傘の場合、パーツがハズレていたのに気がついたのが遅くなったため、金属でできた本体部分がぐにゃっと変形してしまっています。

傘の先端パーツを取り付けることができない

本来であれば、先端に取り付けるパーツを差し込むだけで修理完了となるはずなのですが、傘の先端が曲がってしまっているため、パーツがうまくはまりませんでした。

このような場合は、ラジオペンチを使って傘の先端部分の形を整えてあげるといいでしょう。

ラジオペンチを使って傘の先端部分を補修

先端部分がきれいな円状に直ったら、先程の先端パーツを取り付けてやります。

傘の先端パーツを取り付けた

パーツを挿入する時少し力がいりますので、力を入れすぎて傘の骨を折ってしまわないように注意をしながら作業を進めてくださいね。

最後に一言

今回は、【DIY傘修理】骨折れやつゆ先外れなど自分で直す3つの方法まとめについてお話しました。

傘修理が自分でできるようになると、事ある毎に傘を買い替えなくても済むようになりますので、家計も大助かりです。

是非参考にしてみてくださいね。

それでは!




DIY生活マニア

実用的なDIY生活の運営者。7人家族で5人の子供の父親。いつも「どうにか安く必要なものを手に入れることができないか?」ということを考えながらDIYに励んでいる。

DIY生活マニアをフォローする


実用的なDIY生活
タイトルとURLをコピーしました