【過炭酸ナトリウム】フライパンや鍋の焦げ付きを取り除く方法

過炭酸ナトリウムを使った焦げ付きの落とし方

まず、焦げ付いたフライパンに過炭酸ナトリウム(ホームセンターや薬局などで売られている)を大さじ1杯ふりかけます。

過炭酸ナトリウムと焦げ付いたフライパン

過炭酸ナトリウムをフライパンの焦げに振りかける

焦げ付きに過炭酸塩を振りかける

そこに、50℃前後のお湯(50℃を大幅に超えると、過炭酸ナトリウムの分解速度が上がりすぎ、焦げ付きに作用する酸素がすぐに気化してしまう)を入れます。

過炭酸ナトリウムが入った焦げ付いたフライパンにお湯を注ぐ

過炭酸ナトリウムから泡が出てきた

すると、過炭酸ナトリウムからブクブクと泡が出てきて、この瞬間からあれだけこびりついていた焦げの一部が剥がれてきました。

そのまましばらく置いておくと、このような感じで汚れが落ちてきました。

過炭酸塩の1回目の汚れが落ちた後のフライパン

今回は一旦この段階で洗って汚れの落ち具合を確認してみると、以下のような感じになっていました。

過炭酸ナトリウムで汚れ落とし1回後

まだ少し焦げ付きが残っていたので、もう一度過炭酸ナトリウム&お湯で焦げ付きを落としてみることにしました。

2回目の過炭酸ナトリウムを振りかける

2回目の過炭酸ナトリウム投入

しばらく置いた後、箸でちょこっと残った焦げ付きをコリコリとこすってみると、簡単に取れていきました。

最終的には、このような感じであの取れそうにもなかった頑固な焦げ付きが、綺麗サッパリなくなりました。

過炭酸ナトリウムで焦げ付きをとった後のフライパン

お疲れさまでした。

これで、フライパンの焦げ落としは完了です。

最後に一言

今回は、【過炭酸ナトリウム】フライパンや鍋の焦げ付きを取り除く方法についてお話しました。

最初、スポンジでいくらこすっても焦げ付きが取れず、これはもうフライパンを捨てなければならないなぁと思っていたのですが、過炭酸ナトリウムを使えばあっという間に頑固なコゲつきを取り除くことができました。

是非参考にしてみてくださいね。

それでは!



タイトルとURLをコピーしました