車のドアや窓、フロントガラスのゴムパッキンを自分で修理する方法

車のドアや窓、フロントガラスなどの防水ゴムパッキンは消耗品。経年劣化によってひびや割れ、切れが出てきます。専用の補修材を使って車のゴムパッキンを自分で修理する具体的な方法を紹介。

車のゴムパッキンのヒビ割れ

車のドアや窓、フロントガラスなどの防水ゴムパッキンは、経年劣化によってひびや割れ、切れが出てきます。

ゴムパッキンを新品に交換する場合、一箇所につき数千円、ドアや窓、フロントガラスなどのゴムパッキンもへたってくることを考えると、車一台辺り数万円の費用がかかってしまうことも・・・。

ただ、このゴムパッキンはホームセンターなどで購入(約760円)できる専用の補修材を使って修理すれば、今のゴムパッキンのまま無交換で使い続けることが出来ます。

そこで今回は、このような補修材を使って車のゴムパッキンを自分で修理する具体的な方法についてお話していきます。

スポンサーリンク

1ページ目(全3ページ中)
スポンサーリンク