【格安】マキタ互換バッテリーの選び方を詳しく解説

マキタのバッテリーの種類の見分け方

マキタのバッテリーは電圧(V)や容量(Ah)によって、いくつかの種類に別れています。

  • BL1460B(14.4V、6.0Ah)
  • BL1450(14.4V、5.0Ah)
  • BL1440(14.4V、4.0Ah)
  • BL1430B(14.4V、3.0Ah)
  • BL1415N(14.4V、1.5Ah)
  • BL1860B(18V、6.0Ah)
  • BL1850(18V、5.0Ah)
  • BL1840(18V、4.0Ah)
  • BL1830B(18V、3.0Ah)

マキタのバッテリーならどれでも互換性があるというわけではなく、例えば電圧(V)は同じものを選ぶ必要がありますし、容量についても工具によっては同じでなければならないものと、別の容量でも使えるものが存在します。

まずは自分が使っている工具に合うバッテリーがどの種類のバッテリーなのか見分けるポイントについて解説していきます。

【見分けポイントその1】電圧(V)

マキタのバッテリーには、14.4Vと18Vの二種類の電圧のバッテリーがあります。

電圧に関しては同じ数値のものでなければ使用できませんので、バッテリーを買い換える際には同じ電圧が表示されているものを選びましょう。

【見分けポイントその2】容量(Ah)

バッテリーには、電圧の他に容量というものが表示されています。

容量(Ah)とは、バッテリーの中に蓄えられている電気の量を表しています。

例えば、6Ahのものは3Ahのものよりも、駆動時間が2倍あるというイメージを持ってもらえればOKだと思います。

容量が大きくなればなるほど、価格も高くなりますし、バッテリーそのものも大きく、重たくなる傾向があります。

もし、現状の容量で満足しているのであれば、同じ容量の物を選んでおくのが無難です。

というのも、昔販売されていた工具によっては、3.0Ah以外の容量のバッテリーを取り付けると動作不良を起こしてしまうものもあるからです。

下図にマキタのバッテリー互換をチェックする方法を紹介しておきます。

出典)マキタのバッテリーの選び方って・・?|【激安通販ウエダ金物】

上図のように、①本体に「LXT」の表示がある、②バッテリーターミナルに「☆」が付いている、③バッテリーターミナルが黄色になっていれば、純正と異なるバッテリー容量でも使用可能です。

古いタイプの工具を使用している場合は、一度確認しておきましょう。

次のページでは、格安社外互換タイプのバッテリーを購入する際の注意点についてお話していきます。

スポンサーリンク

2ページ目(全3ページ中)
スポンサーリンク