【クエン酸】頑固な白い水垢をきれいに落とす方法

スポンサーリンク

厚く固着した水垢の落とし方

このように厚く固着した水垢は、先ほどのようにクエン酸を吹きかけてメラミンスポンジでこするだけでは落とすことが出来ません。

厚く固着した水垢の落とし方

そこで、湿布方式で水垢を溶かしていきます。

まずはティッシュを水垢のところに敷き、ティッシュの上からクエン酸を吹きかけます。

ティッシュの上からクエン酸を吹きかける

こうするとクエン酸水の水分が徐々に蒸発し、クエン酸の濃度が上がっていき、カルシウム分が効果的に中和されて汚れが落ちやすくなります。

そのまま2時間ぐらい放置して、ティッシュが半乾きになったらティッシュを取り除き、メラミンスポンジで軽くこすっていきます。

厚くついた水垢がクエン酸できれいになった

たったこれだけで、あれだけ悩んでいた水垢をきれいさっぱり取り除くことが出来ます。

なお、クエン酸の使い方に慣れてきたら、頑固な水垢には少しクエン酸の濃度を濃い目にしたもの(水に対するクエン酸の比率を多くする)など、試してみるのもいいと思います。

最後に一言

今回は、こすっても落ちない頑固な白い水垢の落とし方についてお話しました。

他のブログでは、クエン酸と共に重曹を使う方法も紹介されていましたが、頑固な水垢でもクエン酸+湿布方式で十分に対応できます。

「水垢」=「カルシウム」=「アルカリ性」⇒「酸性のクエン酸水で中和して溶かす」

このことを理解していれば、もう水垢で悩む必要はありません。

この方法で水垢を取り除いて、きれいなお風呂を保っていきましょう。

そんなクエン酸水を使うときに注意したいのは「鉄、大理石には使ってはいけない」ということで、クエン酸は酸性なので錆の原因にもなりますので、浴槽の素材や浴室の素材には注意し、使用後はよく洗い流す事を心がけるようにしてくださいね。

それでは!