子供の遊具

【予算4000円】ベニヤ板で縄跳びジャンプ台を作る方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク


縄跳びジャンプ台を作るのに必要なもの

まずはじめに、縄跳びジャンプ台を作るために必要なものについてお話していきます。

【必要なものその1】ベニヤ板(表面が黄色いタイプ)

縄跳びのジャンプ台の材料のベニヤ板

まずはじめに準備するのが、ホームセンターなどで、1500円/枚ぐらいで売られている表面が黄色いタイプのベニヤ板(2枚)です。

1枚だけだとバネの力が弱くてうまくジャンプできませんので、2枚購入しておいてください。

【必要なものその2】2✕4材

縄跳びのジャンプ台で使った2✕4材

ジャンプ台の台座部分は安く手に入る2✕4材(6フィート、約300円/本、2本)を切断して重ねて作っていきます。

【必要なものその3】木工用ボンド

縄跳びのジャンプ台で使った木工用ボンド

木工用ボンドはベニア板や2✕4剤を重ねて接合する際に使います。

ジャンプ台1台あたり1kgぐらい必要(約500円)ですので、ホームセンターなどで準備しておいてください。

【必要なものその4】電動ドライバー

電動ドライバーとビス

ベニア板や2✕4材を組み立てる際に電動ドライバーを使います。

できればインパクトタイプ(ネジを締める際にがガガガガッ・・・と音がするタイプ)の電動ドライバーの方が作業しやすいと思います。

ホームセンターなどでレンタル(2泊3日で300円程度)することもできますので、準備しておきましょう。

【必要なものその5】ネジ

ネジは合板を木工用ボンドでくっつける際の仮止めに使ったり、ジャンプ台を組み立てたりする際に使ったりしていきます。

以下の長さのネジ(コーススレッドが安い)を準備しておいてください。

  • 長さ60mm ✕ 約20本
  • 長さ50mm ✕ 約12本
  • 長さ25mm ✕ 約20本

【必要なものその6】のこぎり

2✕4材をのこぎりでカットする

2✕4材をカットしたりするためにのこぎりが必要です。

持っていない場合はホームセンターや100円均一などで購入しておきましょう。

次のページでは、縄跳び用のジャンプ台の具体的な作り方についてお話していきます。 




DIY生活マニア

実用的なDIY生活の運営者。7人家族で5人の子供の父親。いつも「どうにか安く必要なものを手に入れることができないか?」ということを考えながらDIYに励んでいる。

DIY生活マニアをフォローする


実用的なDIY生活
タイトルとURLをコピーしました