【オイルチェンジャー】エンジンオイルを上抜き交換する方法(ノア編)

上抜き交換のメリットは、ジャッキアップ不要で安全、締め過ぎによるドレンボルト破損もない。レベルゲージにチューブを差し込み、ポンプの力でオイルを抜き取る。オイルチェンジャーを使ったエンジンオイルの交換方法を詳しく紹介。

私はメンテナンス費用を節約するために、普段からエンジンオイルの交換を自分で行っています。

エンジンオイル交換は、①エンジンオイルを抜き取った後、②エンジンオイルを補充するという流れで行っていくのですが、①のエンジンオイルの抜き取り方は、大きく2つの方法に分けることができます。

【方法その1】下抜き

下抜きとは、車体をジャッキアップし、ドレンボルトを外してオイルを下から抜く方法。

【方法その2】上抜き

上抜きとは、エンジンルームにあるレベルゲージにチューブを差し込み、ポンプの力でオイルを上側から抜き取る方法。

以前までは下抜きでオイル交換していたのですが、ジャッキアップ不要で安全、かつ作業時間も短縮できる上抜きによるオイル交換に挑戦してみることにしました。

そこで今回は、そんなエンジンオイルを自分で上抜き交換する方法について、詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

1ページ目(全5ページ中)
スポンサーリンク