【下抜きとの違い】エンジンオイルの上抜き交換方法

上抜きオイル交換の具体的な方法

ここからは、上抜きオイル交換の具体的な方法についてお話していきます。

【STEP1】暖機運転を20~30分する

エンジンオイルは、温度が高くなるほど粘り気がなくなり、サラサラとした感じになっていきます。

オイルチェンジャーの仕様書にも書かれていますが、暖機運転をしてオイルを温めておかないと、オイルを抜き取るのにものすごく時間がかかってしまったりします。

特に冬場の寒い時期にオイル交換する場合は20~30分ほど暖機運転をさせ、十分にエンジン(オイル)を温めてから作業を開始していきましょう。

オイルチェンジャーのオイル吐出量

【STEP2】オイルチェンジャーの吸込側のホースをセットする

オイルチェンジャーを箱から取り出し、説明書に従って吸入側のホースを組み立てていきます。

オイル交換に使ったホームセンターのオイルチェンジャー

オイルチェンジャーを箱から取り出す

まず、吸入側のホースを組み立てていきます。

黒くて太いホースについているキャップを外して、細くて硬い透明なホースをその黒いホースに差し込んでいきます。

吸入側のホースのキャップ

オイルチェンジャー吸入側のホースのキャップを取り外した後

オイルチェンジャーの吸入側のホースを差し込む

後は、オイルのレベルゲージに細くて硬いホースを差し込んでいけばOK。

レベルゲージを抜く

これで、オイルの吸込み側のセッティングは完了です。

【STEP3】オイルチェンジャーの吐出側のホースをセットする

続いては、オイルチェンジャーの吐出側のホースをセットしていきます。

オイルチェンジャー本体についているキャップを外して、半透明で柔らかいホースをセットします。

オイルチェンジャーの吐出側

吐出側のキャップを外す

吐出し側のホースを差し込む

吐出側のホースの反対はオイル処理パックにクリップを使って固定しておきます。

吐出ホースをクリップで固定

オイル吐出しホースを固定

クリップを使って固定しておくことで、吐出ホースの位置を固定することができます。

実際にオイルチェンジャーオイルを抜いてみるとわかると思いますが、この吐出ホースが暴れだすほどの勢いでオイルが出てくるわけではありませんが、万が一ホースが処理パックから外れてしまった場合、その周りがオイルまみれになってしますので、注意しておきましょう。

次のページでは、上抜きオイル交換のSTEP4~6についてお話していきます。

スポンサーリンク

4ページ目(全6ページ中)
スポンサーリンク