【オイルチェンジャー】エンジンオイルを上抜き交換する方法(ノア編)

【STEP4】オイルチェンジャーの電源ラインを取り付ける

今回使ったオイルチェンジャーは電動なので、バッテリーから電源を取る必要があります。

まず、①バッテリーターミナル接続部(-)にオイルチェンジャーのクリップ(黒)を取り付け、次に②バッテリーターミナルの接続部(+)にオイルチェンジャーの電源クリップ(赤)を取り付けていきます。

さぁ、これでようやくオイルチェンジャーを使ってオイルを抜き取る準備ができました。

【STEP5】オイルチェンジャーの電源をONして、オイルを抜き取る

それではオイルチェンジャーの電源を入れてエンジンオイルを抜き取っていきましょう。

「ぶ~~~~ん」という音と共にオイルが勢い良く吐出されています。

電源を入れてから3~4分ほどで排出側のホースにオイルが流れてこなくなって、オイルチェンジャーの音が変わります。

この時点でオイルの吸出しは終わりですので、オイルチェンジャーの電源をOFFにします。

ちなみに、今回取り出したオイルと新品のオイルを比較してみるとこんな感じです。

新品のオイルと使用済みのオイルの比較

見て明らかな通り、新品のオイルと比較すると使用済みのオイルは真っ黒になって汚れていることが分かります。

ただ、新品のオイルと使用済みのオイルの感触の差は感じられず、どちらも同じぐらいという感じでした。

新品のオイルの感触

使用済みオイルの感触

エンジンオイルはある程度の粘度をもったオイルですが排出したオイルを触るとジャリジャリとスラッジが分かるくらいの感触で粘度もほとんどない状態。

M3のように高回転を楽しむエンジンの場合、このようなオイルの状態だと最悪な状況として油膜切れを起こしてしまう可能性があります。

エンジンの作りもシビアな部分があるので、目に見えない箇所にダメージが蓄積されていくのは明らかですから、このオイルの状態は絶対にNGです。

引用)【E46 M3】オイル交換【走行60,000Km】| AUTOFINE

実際に使用済みのオイルを触ってみた感じではザラツキはなかったですし、オイルの粘度の違いも感じられませんでした(素人レベルではですが・・・)ので、もしかしたら私の乗り方(走行距離は年間2万キロ程度、渋滞などあまりない地域)では、オイル交換はもう少し後でも良かったのかもしれません。

【STEP6】新品のオイルを注入する

さぁ、ようやく新品のオイルを注入する工程です。

まずはオイルジョッキにオイルを移していきましょう。

あとはこのオイルジョッキを使って、オイル注入口にエンジンオイルを流し入れていきます。

ここでレベルゲージを確認し、オイルが規定量入っているか(Lマークより上、Fマークより下)を確認します。

写真では少しわかりにくいですが、LとFの間にオイルの油面があることが確認できました。

オイルの量を調べるレベルゲージ

出典)メンテナンスアドバイス|栃木ダイハツ販売

おつかれさまでした。

これで上抜きオイル交換は完了です。

次のページでは、オイル交換の適切な磁気についてお話していきます。

スポンサーリンク

4ページ目(全5ページ中)
スポンサーリンク