【冷え結露乾燥対策】シンプルなDIY断熱内窓(二重窓)の作り方

スポンサーリンク

どうして断熱性能が高い家なのに、冬になると家の中が冷え込むのか?

窓ガラスやサッシに付く露

最近の家は壁には断熱材、そして窓には二重窓を採用するなど以前と比べて格段に断熱性能が上がってきています。

そんな高機能な家に住んでいても家の中が冷えていると感じていしまうのはは、「窓枠が熱伝導の良いアルミで出来ているから」です。

その窓枠が家の中の空気をどんどん冷やし、室温を下げていきます。

暖房時に開口部から逃げていく熱の量

出典)エコ住宅の道しるべ

上のデータを見ていただくと、窓(ガラス面+サッシ部)から逃げていく熱の量は、壁や床などよりも圧倒的に多い事がわかります。

この事が原因となり、窓で冷たく冷やされた空気が下へ下へと流れていくコールドドラフトという床の上をはうように流れる冷気がどんどんと生み出されます。

窓の断熱性能が上がるということは、単に家の断熱性能が上がり、暖房費が下がるだけではなく、このようなコールドドラフトを防ぐことができるということを知っておきましょう。

暖房時に空気が乾燥する原因は窓にもある

それともう一つ、暖房時の部屋の空気の乾燥を引き起こす原因が窓にもあります。

窓ガラスやアルミサッシは外気によって冷やされるため、そこに大量の露がついてしまいます。

窓ガラスやサッシに付く露

この露は、部屋の空気の中にあった水分が冷やされて凝縮して出来たもので、これはちょうど窓が除湿機になっているようなものです。

暖房時の部屋の乾燥は窓ガラスやサッシについた露が室外に出る

室内の窓についた露はアルミサッシに流れ込み、最終的には写真のような感じで室外に排出されていきます。

特に、シングルガラスの窓などの場合、このような仕組みで部屋の中から大量の水分が室外に排出されてしまっています。

この窓の除湿作用が暖房時の空気の乾燥の原因の一つになっているということも理解しておきましょう。

窓の断熱効果を飛躍的に上げるには内窓が効果的

そんな窓から入ってくる冷熱をシャットアウトするために最近注目されているのが「内窓」です。

内窓とは今ある窓(サッシ)の内側に取付けるもう1つの窓の事

出典)内窓(二重窓・二重サッシ)とは?|内窓職人

内窓とは、窓の内側にもう一つ窓を設置することで、外窓と内窓の間に空気の層ができ、その空気の層が強力な断熱効果を生み出します。

断熱効果を示す熱伝導率という数値を比較してみると、その空気層の断熱効果は一目瞭然。

素材の名称熱伝導率
[W/mK]
アルミニウム236
ガラス0.55~0.75
木材0.15~0.25
グラスウール0.050
発泡スチロール0.040
空気0.024

※熱伝導率は数値が小さいほうが熱を伝えにくいという性質を示しています。

あまり知られていないかもしれませんが、空気は他の断熱材などより圧倒的に熱を伝えにくいという性質があり、その断熱性能は発泡スチロールの約2倍です。

だから内窓を設置すれば、必然的に外窓と内窓の間に空気の層ができ、それが強力な断熱効果を生み出すというわけです。

例えば、外窓と内窓の間に空気層が3cm出来たとした場合、6cmの厚さの発泡スチロールを埋め込んでいるのと同じぐらいの断熱効果があると思ってもらえばいいでしょう。

肝心なことは、内窓の断熱性能は外窓と内窓の間にできる空気層が重要なのであって、内窓の材質は断熱性能にあまり関係がないということ。

つまり、業者に頼んでガラス製のしっかりとした内窓を取り付けてもらっても、ホームセンターなどで売られているポリカーボネートなどで作った内窓でも、その断熱性能に大差はありません。

デザインなど見た目のきれいさを重視するのであれば業者に依頼した方がいいと思いますが、費用を重視するのであればDIYを視野に入れて検討してみてもいいと思います。

次のページでは、ネット上で紹介されている自作内窓について紹介していきます。