プレクサスの実際の洗車効果と使い方動画まとめ

プレクサスとは、車のボディーやホイール、樹脂パーツ(ヘッドライトやブレーキランプ、内装など)の洗浄と保護に神レベルの効果を発揮する製品で、Twitter上では「プレクサス神」という表現が飛び交っているほどです。

そもそもプレクサスは、もともと戦闘機のキャノピー(強化プラスチック)をクリアに保つため開発されたプラスチック専用整備品で、過酷な環境下でも水を使わず樹脂パーツを傷つけることなく短時間で洗浄、コーティングが行えるよう作られたその性能は、米軍品質検査基準「Fed・Spec・P-P-560」をクリアしています。

本来の用途から分かる通り、基本的にはプレクサスは水を使わずに洗浄(洗車)と、ボディーなどの保護を短時間で終えることができます。

例えば、水道が近くにないような駐車場でも洗車することができますし、地面が舗装されていないような場所でも水で地面をドロドロにせずに、短時間で簡単に車を洗車&艶出しすることができます。

今回は、そんなプレクサスを使って車を洗車する方法から、プレクサスの洗浄効果、そしてプレクサスのデメリットなどについて詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

1ページ目(全5ページ中)
スポンサーリンク